コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島藩 おじまはん

2件 の用語解説(小島藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小島藩
おじまはん

江戸時代,駿河国 (静岡県) 庵原郡小島地方を領有した譜代小藩。元禄 11 (1698) 年松平 (滝脇) 信治が武蔵国ほかから1万石で転入,宝永1 (1704) 年陣屋を小島に移して以来,明治1 (1868) 年上総 (千葉県) 桜井に移るまで存続した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小島藩
おじまはん

駿河(するが)国庵原(いはら)郡小島村(現在の静岡市清水(しみず)区小島本町)に陣屋を置く譜代(ふだい)藩。1万石。藩主は松平(滝脇)氏。旗本松平重信(しげのぶ)(高槻(たかつき)藩主松平家信の二男)の後を継いだ信孝(のぶなり)(高槻藩主松平典信(のりのぶ)の弟)は、御小姓番頭(おこしょうばんがしら)、書院番頭を経て将軍徳川綱吉(つなよし)の側近となり、1689年(元禄2)若年寄に進み大名に取り立てられた。1698年上野(こうずけ)・武蔵(むさし)両国の領地を駿河国に移され、駿府(すんぷ)(静岡県)で立藩、阿部入(あべのや)(安倍谷)藩といわれた。1704年(宝永1)信治のとき陣屋を小島に移し、以来小島藩といい、1868年(明治1)の静岡(駿府)藩の成立により上総(かずさ)(千葉県)桜井に転封されるまで続く。
 小藩であったから財政運営には特色があり、年貢収奪強化の目的で実施した「生籾(なまもみ)五分摺(ず)り法」は領内全藩一揆(いっき)によってあえなく失敗、また財政赤字を少なくする目的で百姓を登用した譜代足軽(あしがる)制(郷足軽)や足軽仲間(ちゅうげん)制の採用は、身分制を否定するものである。また黄表紙(きびょうし)作家恋川春町(こいかわはるまち)(倉橋格(くらはしかく))は小島藩江戸詰の家臣で、乏しい扶持米(ふちまい)を余業で補ったという。小藩家臣団の見逃すことのできない一つの態様である。[若林淳之]
『『清水市史』全2巻(1976、77・吉川弘文館) ▽『清水市史 資料』全6巻(1966~68・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小島藩の言及

【駿河国】より

…駿河国の大藩支配は頼宣および忠長の20年間余続いた。忠長改易後,再び沼津,田中,小島藩による小藩支配が展開した。沼津藩は1601年大久保忠佐が2万石で入封,13年無嗣除封・廃藩ののち,1777年(安永6)水野忠友が再興した。…

※「小島藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小島藩の関連キーワード静岡県静岡市駿河区池田静岡県静岡市清水区庵原町静岡県静岡市駿河区大谷静岡県静岡市駿河区登呂静岡県富士市静岡県静岡市駿河区古宿静岡県静岡市駿河区谷田由比〈町〉松平信孝松平信治

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone