コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牧・長久手の戦 こまきながくてのたたかい

百科事典マイペディアの解説

小牧・長久手の戦【こまきながくてのたたかい】

1584年尾張(おわり)の小牧・長久手で戦われた豊臣秀吉徳川家康織田信雄(のぶかつ)の戦い。織田信長の死後,秀吉の勢力増大に対抗し,家康が信長の子信雄を味方にして起こした。戦いは秀吉方の部将池田信輝(勝入)・森長可(ながよし)が長久手に敗死するなどしたが,大勢は動かず膠着(こうちゃく)状態となり和睦。
→関連項目蒲生氏郷小牧[市]佐々成政墨俣川の戦妻籠長久手[町]増田長盛

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android