コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小石川薬園 こいしかわやくえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小石川薬園
こいしかわやくえん

江戸幕府の薬草園。初め江戸城の南 (麻布) と北 (大塚) におかれた薬園を整理統合,貞享1 (1684) 年小石川白山 (はくさん) に移す。8代将軍徳川吉宗のとき拡張整備し,養生所を園内に設ける。青木昆陽が園内で行なった甘藷試作は有名。のち御薬園奉行をおきこれを管理した。明治維新後,小石川植物園と改称され,1877年東京大学理学部の所属となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こいしかわやくえん【小石川薬園】

江戸幕府の薬草園。1638年、徳川家光が江戸城の南北の二か所に設けたもののうち、南園を84年小石川に移したもの。現在、東京大学付属小石川植物園。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小石川薬園
こいしかわやくえん

江戸時代の幕府の薬園。薬草の栽培製法などを行った。1684年(貞享1)、品川にあった南薬園(1638設置)を小石川白山(はくさん)に移し、小石川御薬園(おやくえん)と改称した。当時の敷地は1万4000坪であったが、1721年(享保6)4万4800坪に拡張し、芥川(あくたがわ)、岡田の2人の奉行(ぶぎょう)を置いて(世襲)管理させた。翌22年より園内に養生所(ようじょうしょ)が設けられ、また35年には青木昆陽(こんよう)が甘藷(かんしょ)を試作した。1868年(明治1)東京府管轄大病院付属、75年文部省付属となり、小石川植物園と改称、77年東京大学理学部の付属となる。[南 和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小石川薬園の関連キーワード福部砂丘らっきょう芥川元風木下道円徳川家光岩崎灌園小川笙船江戸幕府

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android