コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木昆陽 あおきこんよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木昆陽
あおきこんよう

[生]元禄11(1698).5.12. 江戸
[没]明和6(1769).10.12. 江戸
江戸時代中期の儒学者,蘭学者。字は厚甫,通称は文蔵,昆陽は号。商人の子として生れる。京都の儒学者伊藤東涯に学び,江戸に帰府して開塾。評定所儒者書物奉行救荒食物としてサツマイモの栽培をすすめ,普及に貢献。著書『蕃藷考』 (1735) を著し将軍徳川吉宗に献じた。一方,吉宗の命によってオランダ通詞からオランダ語を学び『和蘭話訳』 (43成立) ,『和蘭文字略考』 (46成立) を著した。昆陽蘭学の知識は前野良沢に継承され,『解体新書』の翻訳となって結実した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

青木昆陽【あおきこんよう】

江戸時代の儒者,農学者,蘭学者。名は敦書(あつぶみ),通称は文蔵(ぶんぞう)。江戸の町家の出といわれる。伊藤東涯(とうがい)に古学を学び,大岡忠相(おおおかただすけ)に知られて幕府に仕え書物奉行(しょもつぶぎょう)に至る。
→関連項目野呂元丈幕張滝泉寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木昆陽 あおき-こんよう

1698-1769 江戸時代中期の儒者,蘭学者。
元禄(げんろく)11年5月12日生まれ。京都で伊藤東涯(とうがい)にまなぶ。甘藷(かんしょ)(サツマイモ)の栽培をすすめた「蕃藷考」をあらわし,甘藷先生とよばれた。明和4年幕府の書物奉行となる。経済,オランダ語関係の著述もおおい。明和6年10月12日死去。72歳。江戸出身。名は敦書。字(あざな)は厚甫。通称は文蔵。著作はほかに「経済纂要」「和蘭文訳」など。
【格言など】此芋を蒸して干し,米の如く切って飯となし食う。島人皆百余歳の寿を保つ(「蕃藷考」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

青木昆陽

1698〜1769(元禄11年〜明和6年)【蘭学者】サツマイモの栽培に成功。 日本を飢餓から救った「芋神さま」。江戸中期の蘭学者。日本橋の魚問屋に生まれた。伊藤東涯に学び、1721年、江戸で塾を開設。1735年凶荒対策に甘藷(サツマイモ)を推奨する『蕃藷考』を著した。昆陽が日本で初めて栽培に成功したサツマイモは全国に広がり、「芋神さま」「甘藷先生」と呼ばれる。大岡忠相の知遇を得て、八代将軍吉宗の命で蘭学の学習を始めた。蘭学の基礎を築き、その成果は、前野良沢らに受け継がれた。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおきこんよう【青木昆陽】

1698‐1769(元禄11‐明和6)
江戸中期の儒者で蘭学者。名は敦書(あつぶみ),字は厚甫,通称は文蔵,昆陽はその号。江戸の商人の子といわれる。1719年(享保4)に実証的な学風で知られる京都の儒者伊藤東涯の門に学び,22年に帰府して開塾した。救荒用の作物として甘藷(サツマイモ)に注目,35年に《蕃藷(ばんしよ)考》を著して幕府に上書したところ,将軍徳川吉宗にとりあげられ,甘藷栽培の普及に大きな貢献をした。39年に書物方に挙げられ,全国諸所の古記録の調査に従事し,のち67年に書物奉行に昇進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あおきこんよう【青木昆陽】

1698~1769) 江戸中期の儒者・蘭学者。名は敦書あつのり、通称文蔵。江戸の人という。幕府書物奉行。伊藤東涯に師事。飢饉ききん対策として甘藷の栽培を勧め、「蕃藷考」を著す。また、将軍吉宗の命でオランダ文辞を学び、蘭学隆盛のもとをつくる。世に甘藷先生と称された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青木昆陽
あおきこんよう
(1698―1769)

江戸中期の儒者、蘭学(らんがく)者。通称は文蔵、名は敦書(あつのり、あつぶみの両説がある)。字(あざな)は厚甫(原甫としたものがある)。号は昆陽。出生についても異説があり、父は近江(おうみ)の人とも、伊勢(いせ)、さらには江戸の人ともいう。商人の子である点は各説が認めている。京都で伊藤東涯(とうがい)に学び1720年(享保5)または1721年江戸に移る。1733年、町奉行与力(まちぶぎょうよりき)加藤枝直(かとうえなお)(1693―1785)の上申により、大岡越前守忠相(おおおかえちぜんのかみただすけ)を通じ、8代将軍徳川吉宗(とくがわよしむね)に推挙され、書物方として各地を巡り、旧記、古文書を探査した。昆陽が救荒植物として甘藷(かんしょ)(サツマイモ)普及に功のあったことは人のよく知るところで、1735年『蕃藷考(ばんしょこう)』を著した。薩摩(さつま)より種いもを取り寄せて江戸・小石川白山(東京都文京区白山)の幕府薬草園(現在の小石川植物園)で約5アールの試作を行い、のち下総(しもうさ)国馬加(まくはり)村(千葉市花見川区幕張(まくはり))、上総(かずさ)国不動堂村(千葉県九十九里町不動堂)にて苗をつくり、これを普及した。小石川植物園には甘藷試作跡には記念碑があり、馬加村には伊毛(いも)神の祠(ほこら)があった。
 昆陽の役職名についても種々異説があるが、1739年(元文4)御書物方、1767年(明和4)御書物奉行となった。その間、吉宗の命で野呂元丈(のろげんじょう)とともに蘭語を学び、多くのオランダ語関係の本を著した。『和蘭(おらんだ)文訳』『和蘭文字略考』その他がある。『経済纂要(さんよう)』など、経済関係、貨幣関係の著書、また『昆陽漫録』など随筆もある。東京都目黒区下目黒の滝泉寺(りゅうせんじ)(目黒不動)境内に巨大な顕彰碑があり墓も同寺墓地にある。これは生前自ら建てたといわれ、「甘藷先生之墓」とある。[福島要一]
『渋谷周蔵著『昆陽先生甘藷の由来』(1926・埼玉甘藷商同業組合事務所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

青木昆陽 (あおきこんよう)

生年月日:1698年5月12日
江戸時代中期の儒学者;書誌学者;蘭学者
1769年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の青木昆陽の言及

【野呂元丈】より

…京都に上り医を山脇玄修(道立),儒を並河天民,本草を稲生若水に学び,幕府の国産薬種資源調査の政策を受けて1719年(享保4)江戸に出て採薬御用となり,若水門の同学丹羽正伯とともに日光ほか関東一円,さらに中部,北陸,近畿各地で採薬に従事,34年には伊豆七島にも及んで,同年宅地を江戸紀国橋の傍らに賜った。39年(元文4)御目見医師となり,翌年将軍吉宗の命で青木昆陽とともにオランダ語を学習,江戸参府の商館長,医師らに毎年接してJ.ヨンストンの動植物図譜をもとに《阿蘭陀禽獣虫魚図和解》(1741)を,またオランダの植物学者であり医者のドドネウスRembert Dodonaeus(1516‐85)の本草書をもとに《阿蘭陀本草和解》(1741‐50)を撰訳した。46年(延享3)寄合医師となり200俵を賜禄された。…

【蕃藷考】より

青木昆陽が1735年(享保20)に書いたサツマイモ奨励の小冊子。当時の昆陽は無名の寺子屋師匠だったが,中国本草書と西日本での風評にもとづき,サツマイモの利点13ヵ条をあげ,栽培法をのべた。…

【目黒不動】より

…目白(豊島区金乗院),目青(世田谷区教学院),目赤(文京区南谷寺),目黄(江戸川区最勝寺)とともに〈江戸五色不動〉の一つで,毎月8の日が不動尊の縁日としてにぎわい,滝の水を浴びて治病を祈るならわしがある。境内には青木昆陽の墓があり,10月28日にはその功績をしのんで,甘藷まつりが行われる。【中尾 尭】。…

※「青木昆陽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青木昆陽の関連キーワード千葉県山武郡九十九里町不動堂千葉県千葉市花見川区幕張町サツマイモ(薩摩芋)千葉県千葉市花見川区甘藷先生・甘薯先生九十九里[町]蕃藷考・蕃薯考平野 元三郎紅葉山文庫小石川薬園青木昆陽墓通事/通詞平野元三郎花見川区目黒不動奥貫友山生年月日工藤平助目黒区薩摩芋

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青木昆陽の関連情報