コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平井権八 ヒライゴンパチ

デジタル大辞泉の解説

ひらい‐ごんぱち〔ひらゐ‐〕【平井権八】

[?~1679]江戸初期の浪人。もと鳥取藩士。同僚を殺害して逃亡し、江戸へ出て悪事を働き、磔刑に処された。歌舞伎などに登場する白井権八のモデル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平井権八 ひらい-ごんぱち

1655?-1679 江戸時代前期の武士。
明暦元年?生まれ。もと因幡(いなば)鳥取藩士。父の同僚本庄助太夫をきり,江戸にでる。吉原の遊女小紫(こむらさき)となじみ,金にこまって辻斬りをはたらき,延宝7年11月3日鈴ケ森で処刑された。享年は25歳という。幡随院(ばんずいいん)長兵衛とむすびつけられ,歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり)で白井権八の名で知られる。
【格言など】待てとお止めなされしは,拙者が事でござるかな

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらいごんぱち【平井権八】

江戸前期の武士。鳥取藩士であったが人を殺して退去。江戸で強盗殺人を犯し延宝年間(1673~1681)に磔はりつけになったという。歌舞伎の白井権八のモデル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の平井権八の言及

【権八小紫物】より

…歌舞伎狂言の一系統。鳥取藩士平井権八は本庄助太夫を殺して江戸へ逃げ,強盗殺人を犯して自首し,1679年(延宝7)11月3日処刑され,愛人である吉原三浦屋の遊女小紫がその墓前で自害した。以上,目黒に残る比翼塚の由来による。…

※「平井権八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平井権八の関連キーワード坂東 簑助(5代目)権八小紫物権八・小紫権八小紫強盗殺人小紫退去武士平井