コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上多見蔵(2代) おのえ たみぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾上多見蔵(2代) おのえ-たみぞう

1800-1886 江戸後期-明治時代の歌舞伎役者。
寛政12年生まれ。大坂芝居の子役で評判となる。3代中村歌右衛門の門下から3代尾上菊五郎の門にうつり,文政3年2代多見蔵をつぐ。江戸と関西の舞台で立役(たちやく)として活躍。明治19年3月2日死去。87歳。京都出身。初名は瀬川和市。俳名は二朝,松玉。号は春風舎。屋号音羽屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾上多見蔵(2代)

没年:明治19.3.2(1886)
生年:寛政11(1799)
幕末明治期の歌舞伎役者。俳名松玉。屋号音羽屋。瀬川和市を名乗った子供芝居から名優といわれ,中村和市を経て22歳で江戸に下り尾上多見蔵を襲名。末恐ろしい若者と評された。3年後,帰坂して中芝居で早替わり,「鯉つかみ」などの業で驚かせ,「敵討高砂松」(「研辰」)など新作で当て花形となった。33歳で大芝居に出るや,たちまち大立者となり,三都はもちろん各地に出演。天保改革後は旅で大川八蔵を名乗った。石川五右衛門宙乗り,葛籠抜けなど,派手な芸風は幕末期の観客の好みに合い,老巧ゆえに「三都随一の親方」,明治期には「総長」と称された。77歳で「石橋」の毛を振った人である。

(青木繁)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

尾上多見蔵(2代)の関連キーワード沢村 源十郎(3代目)尾上 松之助(2代目)尾上 多見蔵(3代目)市川 鰕十郎(5代目)市川 中車(7代目)大谷友右衛門(4代)実川 八百蔵(初代)尾上多見蔵(3代)市川市蔵(3代)市川中車(7代)嵐三五郎(5代)吉田玉造(1世)尾上松寿(初代)嵐璃寛(3代)七世市川中車尾上いろは市川 斎入明治時代市川中車稽古娘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android