コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢口 ヤグチ

デジタル大辞泉の解説

や‐ぐち【矢口】

狩り場の口開けに、初めて矢を射ること。また、そのときにする神事や儀式。
「其所に於て山神―等を祭らる」〈吾妻鏡・一三〉
矢で射られた傷口。
「抜き捨つる―より流るる血は滝なって」〈浄・本朝三国志〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やぐち【矢口】

狩場の口開けに最初の矢を射ること。また、その儀式。
矢に射られた傷口。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢口
やぐち

東京都大田区南西部、多摩川左岸の地区。第二京浜国道の西側が口、東側が東矢口で、東京急行電鉄東急多摩川線(旧、目蒲(めかま)線)矢口渡(やぐちのわたし)駅は多摩川1丁目にある。かつての古奥州街道が通り、日本武尊(やまとたけるのみこと)東征のおり、矢合わせをしたことが地名の由来といい、横浜市鶴見(つるみ)区には矢向(やこう)の地名がある。南北朝のころ、鎌倉街道が通り、多摩川に矢口の渡しがあった。ここで新田義貞(にったよしさだ)の子義興(よしおき)が謀殺されたとする説があり、その霊を祀(まつ)る新田神社がある。その縁起を題材に平賀源内は福内鬼外(ふくうちきがい)の筆名で淨瑠璃(じょうるり)『神霊矢口渡』を書いている。沿岸は下丸子(しもまるこ)に続く工業地区である。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

矢口 (ヤグチ)

植物。バラ科のハナモモの園芸品種,落葉低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

矢口の関連キーワード映画WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~フレンチドレッシング幻の怪蛇バチヘビ東京都大田区矢口あくちも切れぬ釣りキチ三平余所の見る目取り湯・取湯銭湯の娘!?木の葉武者麴町の井戸一番美しく黒沢 喜代麹町の井戸わが愛の記ちょびくさ居敷・臀強盗頭巾大名倹飩吉田二一

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢口の関連情報