コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊次郎 おのえきくじろう

世界大百科事典 第2版の解説

おのえきくじろう【尾上菊次郎】

歌舞伎俳優。文化・文政期,市川滝三郎が3世尾上菊五郎に入門して菊次郎を称したのを初世とし4代にわたる。屋号は代々音羽屋。(1)2世(1814‐75∥文化11‐明治8) 俳名梅花。大坂生れ。7世片岡仁左衛門,2世中村富十郎などの門下を経て1835年(天保6)江戸へ下り,3世菊五郎の弟子となり,中村三光から2世尾上菊次郎となった。初世坂東志うか,4世菊五郎とともに若手女方の人気を争った。名人4世市川小団次の女房役者として特に世話物の女役をよくした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾上菊次郎の関連キーワード尾上 多賀之丞(2代目)尾上 菊次郎(4代目)尾上多賀之丞(2世)尾上多賀之丞(2代)船打込橋間白浪曾我綉俠御所染10月10日岡見留次郎東山桜荘子9月29日勢獅子

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android