コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊次郎 おのえきくじろう

1件 の用語解説(尾上菊次郎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おのえきくじろう【尾上菊次郎】

歌舞伎俳優。文化・文政期,市川滝三郎が3世尾上菊五郎に入門して菊次郎を称したのを初世とし4代にわたる。屋号は代々音羽屋。(1)2世(1814‐75∥文化11‐明治8) 俳名梅花。大坂生れ。7世片岡仁左衛門,2世中村富十郎などの門下を経て1835年(天保6)江戸へ下り,3世菊五郎の弟子となり,中村三光から2世尾上菊次郎となった。初世坂東志うか,4世菊五郎とともに若手女方の人気を争った。名人4世市川小団次の女房役者として特に世話物の女役をよくした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone