コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎秀樹 オザキホツキ

デジタル大辞泉の解説

おざき‐ほつき〔をざき‐〕【尾崎秀樹】

[1928~1999]文芸評論家。台湾台北市の生まれ。兄秀実(ほつみ)の処刑されたゾルゲ事件を追った「生きているユダ」「ゾルゲ事件」で知られる。中国文学や大衆文学の研究・評論など幅広い分野で活躍。「大衆文学論」で芸術選奨、「大衆文学の歴史」で吉川英治文学賞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

尾崎秀樹【おざきほつき】

文芸評論家。台湾生れ。台北帝国大学(現,国立台湾大学)医学専門部中退。大衆文学研究や旧植民地文学研究の第一人者で,1961年に大衆文学研究会を設立し,日本ペンクラブ会長も務めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎秀樹 おざき-ほつき

1928-1999 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和3年11月29日台湾台北生まれ。尾崎秀実(ほつみ)の弟。昭和34年「生きているユダ」,38年「ゾルゲ事件」を刊行,兄をうばった事件を追う。その間に大衆文学研究会を設立,41年「大衆文学論」で芸術選奨,平成2年「大衆文学の歴史」で吉川英治文学賞。中国文学に関する著作もおおい。日本ペンクラブ会長もつとめた。平成11年9月21日死去。70歳。台北帝大付属医学専門部中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おざきほつき【尾崎秀樹】

1928~1999) 文芸評論家。台湾台北市生まれ。台北大医学部専門部中退。兄の尾崎秀実ほつみが処刑されたゾルゲ事件に取材した「生きているユダ」で知られ、台湾や旧満州の文学や大衆文学を体系的に研究する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尾崎秀樹の関連キーワードゾルゲ(Richard Sorge)ドレフュス事件(大仏次郎作の史伝)鞍馬天狗(大仏次郎)愛情はふる星のごとく宮本武蔵(小説)赤穂浪士(小説)無法松の一生新・平家物語海音寺潮五郎司馬遼太郎山中峯太郎神州天馬侠中里介山早乙女貢黒岩重吾歴史小説大仏次郎パリ燃ゆ長谷川伸野村胡堂

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android