コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居宅保護・施設保護 きょたくほごしせつほごhome care

世界大百科事典 第2版の解説

きょたくほごしせつほご【居宅保護・施設保護 home care】

社会福祉における保護やサービス援助の方法。居宅保護は保護を必要とする者が地域社会での生活を維持したままで,社会福祉の援助を受ける方法であり,施設保護とはかかえている問題の特質に応じて,各種の福祉施設に入所することによって,必要なサービスの提供を受ける方法をいう。 居宅保護と施設保護の意義を歴史的にさかのぼってみれば,イギリスやアメリカにおける伝統的な貧民救済の方法である院外救済outdoor reliefと院内救済indoor reliefにその原型を見いだすことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

居宅保護・施設保護の関連キーワード社会福祉

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android