コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

居宅保護・施設保護 きょたくほごしせつほご home care

1件 の用語解説(居宅保護・施設保護の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょたくほごしせつほご【居宅保護・施設保護 home care】

社会福祉における保護やサービス援助の方法。居宅保護は保護を必要とする者が地域社会での生活を維持したままで,社会福祉の援助を受ける方法であり,施設保護とはかかえている問題の特質に応じて,各種の福祉施設に入所することによって,必要なサービスの提供を受ける方法をいう。 居宅保護と施設保護の意義を歴史的にさかのぼってみれば,イギリスアメリカにおける伝統的な貧民救済の方法である院外救済outdoor relief院内救済indoor reliefにその原型を見いだすことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

居宅保護・施設保護の関連キーワードサービス産業社会福祉事業法社会福祉施設福祉事務所全国社会福祉協議会ケースワーク在宅福祉ワイヤサービス介護福祉士と社会福祉士仲村優一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone