コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋根裏部屋 ヤネウラベヤ

デジタル大辞泉の解説

やねうら‐べや【屋根裏部屋】

屋根裏2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やねうらべや【屋根裏部屋】

屋根裏 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

やねうらべや【屋根裏部屋】

屋根の裏側の小屋組みの部分にできる空間を利用して作った、天井が斜めになった小部屋。建築・インテリアでは「ロフト」「アティック」「グルニエ」などともいい、収納スペースとして用いるほか、断熱や通風を工夫して居住性を高め、書斎アトリエ子供部屋などに利用することもある。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋根裏部屋
やねうらべや

屋根の裏側にあり、屋根の小屋組のすきまを利用してつくられた部屋。物置やアパートの安い居室として使われる。下方は天井により区画されている。建物は木造や鉄骨造の場合が多い。草葺(ぶ)き民家の場合は、地方によって「つし」(全国的)、「あま」(飛騨(ひだ)、北陸)、「たな」(東京三多摩)などの呼称があり、物置、蚕室などに利用する。瓦(かわら)葺き屋根の場合は、和小屋のままでは利用しがたく、「小屋裏」と称される。まれに登り梁(はり)構造などとして、使用人の居室、物置として利用する例もある。採光や通風に限りがあるので、用途に応じて照明や換気のための設備を取り付ける必要がある。天井に設けられた簡易扉から、梯子(はしご)または可動式階段を伝わって出入りする。独立性が非常に高いので、プライバシーを重んじる現代の人々に見直される傾向にある。
 なお、古典建築において軒蛇腹(コーニス)上に装飾などのためにつくられた壁の部分(中二階にあたる)をアティックatticといい、のちに屋根裏部屋もアティックとよぶようになった。[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

屋根裏部屋の関連キーワードワット(James Watt)loft atticアンネリリアン ヘルマンマンサード屋根絵のない絵本ラ・ボエームアンネの日記松谷みよ子バルザックファラデー空気調和田原桂一松井理保ウォレンドーマーソーラー中村ネリ屋階

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屋根裏部屋の関連情報