コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山元[町] やまもと

2件 の用語解説(山元[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山元[町]【やまもと】

宮城県南部,太平洋に面する亘理(わたり)郡の町。常磐自動車道,常磐線が通じる。海岸砂丘海岸段丘阿武隈(あぶくま)高地からなり,米,イチゴリンゴなどの栽培が行われ,酪農も営まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やまもと【山元[町]】

宮城県南東端,亘理(わたり)郡の町。人口1万8815(1995)。西部は阿武隈高地から続く丘陵で,東部には平たん地が広がり,仙台湾に面する。気候は県内で最も温暖である。常磐線と国道6号線が通じる。中世には千葉氏一族が入って亘理氏を称し,その城跡などが残る。江戸時代は亘理伊達氏と大条(おおすじ)氏の知行地。新浜(しんはま),中浜,花釜などで漁業が営まれ,製塩も奨励された。山下では1902年砂丘を開拓してブドウ栽培が行われ,品質のよさで知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山元[町]の関連キーワード椿山室根山角田神栖白石袖の渡り鹿嶋亘理乙二亘理胤正亘理元宗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone