コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山元[町] やまもと

世界大百科事典 第2版の解説

やまもと【山元[町]】

宮城県南東端,亘理(わたり)郡の町。人口1万8815(1995)。西部は阿武隈高地から続く丘陵で,東部には平たん地が広がり,仙台湾に面する。気候は県内で最も温暖である。常磐線と国道6号線が通じる。中世には千葉氏一族が入って亘理氏を称し,その城跡などが残る。江戸時代は亘理伊達氏と大条(おおすじ)氏の知行地。新浜(しんはま),中浜,花釜などで漁業が営まれ,製塩も奨励された。山下では1902年砂丘を開拓してブドウ栽培が行われ,品質のよさで知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

山元[町]の関連キーワードあぶくま阿武隈高地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android