コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本秀煌 やまもとひでてる

3件 の用語解説(山本秀煌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本秀煌
やまもとひでてる

[生]安政4(1857).10.30. 丹波
[没]1943.11.21. 横浜
牧師。横浜で宣教師 J.H.バラより受洗。ヘボン塾ブラウン塾を経て東京一致神学校で学ぶ。のち明治学院教授。主著『日本基督教会史』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本秀煌 やまもと-ひでてる

1857-1943 明治-昭和時代前期の牧師,神学者。
安政4年10月30日生まれ。横浜でJ.H.バラから受洗。各地を伝道後,大阪東教会などの牧師となる。明治40年明治学院教授となり,20年間勤務。昭和18年11月21日死去。87歳。丹後(京都府)出身。東京一致神学校(現明治学院大)卒。本姓は岩井。著作に「日本基督教会史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとひでてる【山本秀煌】

1857‐1943(安政4‐昭和18)
牧師,神学者。丹後峰山藩出身で,横浜バンドの一人。日本基督一致神学校卒業後,高知教会,横浜住吉町教会,大阪東教会などの牧師を歴任,1908年より明治学院教授として教会史を講じた。教会法規にくわしいために,日本基督教会大会書記,同議長をしばしばつとめ,日本組合教会との合同運動,外国のミッションとの協力関係,日本基督教会憲法規則改定では重要な役割を負った。【土肥 昭夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本秀煌の関連キーワード京丹後横浜バンクカードSuica峰山〈町〉京都府京丹後市峰山町泉京都府京丹後市峰山町上京都府京丹後市峰山町堺京都府京丹後市峰山町菅京都府京丹後市峰山町室京都府京丹後市峰山町安京極高通(1)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone