コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本秀煌 やまもとひでてる

3件 の用語解説(山本秀煌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本秀煌
やまもとひでてる

[生]安政4(1857).10.30. 丹波
[没]1943.11.21. 横浜
牧師。横浜で宣教師 J.H.バラより受洗。ヘボン塾ブラウン塾を経て東京一致神学校で学ぶ。のち明治学院教授。主著『日本基督教会史』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本秀煌 やまもと-ひでてる

1857-1943 明治-昭和時代前期の牧師,神学者。
安政4年10月30日生まれ。横浜でJ.H.バラから受洗。各地を伝道後,大阪東教会などの牧師となる。明治40年明治学院教授となり,20年間勤務。昭和18年11月21日死去。87歳。丹後(京都府)出身。東京一致神学校(現明治学院大)卒。本姓は岩井。著作に「日本基督教会史」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとひでてる【山本秀煌】

1857‐1943(安政4‐昭和18)
牧師,神学者。丹後峰山藩出身で,横浜バンドの一人。日本基督一致神学校卒業後,高知教会,横浜住吉町教会,大阪東教会などの牧師を歴任,1908年より明治学院教授として教会史を講じた。教会法規にくわしいために,日本基督教会大会書記,同議長をしばしばつとめ,日本組合教会との合同運動,外国のミッションとの協力関係,日本基督教会憲法規則改定では重要な役割を負った。【土肥 昭夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

山本秀煌の関連キーワード接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門長崎(市)プラン問題藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone