コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山登検校 やまとけんぎょう

百科事典マイペディアの解説

山登検校【やまとけんぎょう】

山田流箏曲家。山田流御三家の家柄の一つである山登家の初代。江戸生れ。名は松和一。本名高木清吉。山田検校の筆頭弟子として早くから頭角を現し,山田検校没後は同流の指導的立場にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の山登検校の言及

【山登派】より

…失明して山田検校に師事,都名(いちな)を松和一と名のる。1812年(文化9)山登検校となる。山田検校の筆頭弟子として出藍の誉れが高かったが,師の没後,その姓を継がず,終生山登で通した。…

※「山登検校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山登検校の関連キーワード鳥居 登名美(初代)山登検校(初代)山登検校(1世)千代田検校山登 松齢1月12日中能島松声山登万和山登派

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android