コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県昌夫 やまがたまさお

3件 の用語解説(山県昌夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山県昌夫
やまがたまさお

[生]1898.1.4. 東京
[没]1981.3.3. 東京
造船工学者。東京大学船舶工学科卒業 (1921) 。逓信省に入り,船舶試験所所長 (41) ,船舶局長 (43) ,その後東京大学教授 (47~58) ,東京大学名誉教授。専攻は船型学で,船型試験施設を完成して造船技術の向上に寄与し,単螺旋貨物船の設計は高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山県昌夫 やまがた-まさお

1898-1981 昭和時代の造船工学者。
明治31年1月4日生まれ。運輸通信省船舶局長などをへて,昭和22年母校東大の教授,のち工学部長。船舶の抵抗,推進,旋回を研究し,独自の船型学を確立した。造船技術審議会会長などを歴任。42年文化勲章。昭和56年3月3日死去。83歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山県昌夫
やまがたまさお
(1898―1981)

造船工学者。東京に生まれる。1921年(大正10)東京帝国大学船舶工学科卒業。逓信(ていしん)省、運輸省勤務を経て第二次世界大戦後、東京大学教授、工学部長となった。船舶の抵抗、推進の研究に業績をあげ独特の船型学を樹立した。また船型試験施設を完成して船舶の設計に新分野を開き、日本の造船技術の進歩に大きな貢献をした。造船技術審議会会長、宇宙開発委員会委員、運輸技術審議会会長など政府関係の多くの委員会にも関与し、日本の学術、技術、行政面への寄与も大きい。おもな著書として『船型学 推進編』(1952)、『船型学 抵抗編』(1953)がある。日本学士院会員。1967年(昭和42)文化勲章を受章した。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山県昌夫の関連キーワード階乗偶数スターリングの補間公式ラテン方陣エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone