コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山階芳麿 やましなよしまろ

百科事典マイペディアの解説

山階芳麿【やましなよしまろ】

鳥類学者。山階宮菊麿王の第2王子。1920年臣籍降下し侯爵。東大卒。1932年自宅に鳥類標本館を設立。1942年山階鳥類研究所に改組し,在野の研究者に便宜をはかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山階芳麿 やましな-よしまろ

1900-1989 昭和時代の鳥類学者。
明治33年7月5日生まれ。山階宮菊麿王の次男。陸軍を退役して東京帝大にまなぶ。昭和17年山階鳥類研究所を設立し,理事長。貴族院議員。戦後は日本鳥類保護連盟会長などをつとめた。平成元年1月28日死去。88歳。東京出身。陸軍士官学校卒。著作に「日本の鳥類と其生態」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やましなよしまろ【山階芳麿】

1900‐89(明治33‐平成1)
山階宮菊麿王の第2王子。1920年,臣籍降下して山階侯爵となる。幼いころから鳥類に関心をもち,陸軍幼年学校・士官学校を経て砲兵将校となるが,動物学研究への志望もだしがたく,東京大学理学部動物学科選科に転じ,本格的に鳥類学を始める。32年,私邸に鳥類標本館を建て,専任の研究員や採集人を置いて,台湾,ミクロネシアサハリンから標本を採集,分類・形態・分布などの研究に励む。のちに標本館を山階鳥類研究所にして公開,在野の鳥類研究者に大きな便宜をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山階芳麿
やましなよしまろ
(1900―1989)

鳥類学者。山階宮菊麿(きくまろ)王(1873―1908)の次男に生まれる。1920年(大正9)臣籍降下、侯爵を授けられた。陸軍中尉であった1929年(昭和4)、病弱のため願いにより退役。好きな鳥の勉学のため東京大学理学部動物学科撰科(せんか)に入学。1942年、それまでに集めた鳥類標本3万点、図書、土地や建物、基本金などいっさいを寄付、財団法人山階鳥類研究所を設立、理事長となる。この年、「鳥類雑種の不妊性に関する研究」で理学博士。この間、鳥類の分類・生態・保護の各分野にわたり多数の研究論文を発表。『日本の鳥類と其(そ)の生態』2巻は不朽の名著である。第二次世界大戦後「細胞学に基づく動物の分類法」で日本遺伝学会賞を受賞。また、その業績は諸外国にも認められた。日本鳥学会会頭、日本鳥類保護連盟会長など自然保護諸団体の役員を務める一方、国際的にも日本代表として活躍。1977年(昭和52)鳥の研究・保護・飼育のすべての面で世界的な成果をあげた人物に与えられるジャン・デラクール賞を、国際鳥類保護会議(現在のバードライフ・インターナショナル)より受賞。1986年に『世界鳥類和名辞典』を著した。[松山資郎]
『『日本の鳥類と其の生態』復刻版・全2巻(1980・出版科学総合研究所) ▽『世界鳥類和名辞典』(1986・大学書林)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山階芳麿の関連キーワード長谷川博(2)小林 重三国際保護鳥山階 芳麿中西悟堂昭和時代蜂須賀線立川涼山岸哲

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山階芳麿の関連情報