コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩橋千塚古墳群 いわせせんづかこふんぐん

大辞林 第三版の解説

いわせせんづかこふんぐん【岩橋千塚古墳群】

和歌山市にある古墳群。紀川の南岸の岩橋山塊に、前方後円墳二七基を含め六八〇基を超える古墳からなる。五~七世紀の群集墳で、早く特殊な横穴式石室を採用している。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

岩橋千塚古墳群

5~7世紀につくられた群集墳。約850基の古墳があり、一部が特別史跡に指定されている。これまでに、翼を広げた鳥形埴輪や両面に顔がある両面人物埴輪など珍しい埴輪が数多く出土している。

(2017-08-31 朝日新聞 朝刊 和歌山全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

岩橋千塚古墳群【いわせせんづかこふんぐん】

和歌山県和歌山市のほぼ中央,阪和自動車道の東側に点在する古墳群で,国の特別史跡。その数は確認されただけでも600基以上に及び,古墳の形態前方後円墳から円墳・方墳など多岐にわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国指定史跡ガイドの解説

いわせせんづかこふんぐん【岩橋千塚古墳群】


和歌山県和歌山市岩橋にある群集墳。紀ノ川下流左岸の和歌山平野が一望できる丘陵地にある。発掘は明治、大正、昭和と長期にかけて行われた。その結果、5世紀から7世紀前半にかけて築造された前方後円墳、円墳、方墳など約700基が集まっており、その古墳の数の多さは全国でも最大クラスであること、石室の構築方法に特色があり、その技術や内容が大陸文化の影響を示す貴重なものであることが判明。1931年(昭和6)に国の史跡に、1952年(昭和27)には特別史跡に指定された。それぞれの古墳の埋葬施設は、結晶片岩の板石を積んで長方形の空間を造った竪穴(たてあな)式石室、横穴式石室や石室を設けず板石を立ててつくる箱式石棺、また、木棺を厚い粘土で包んだ粘土槨(かく)などもある。なかでも横穴式石室にみられる石棚と石梁は最も大きな特徴で、とくに石梁には割り石を積み上げただけの石室の壁面を崩れにくくするための構造材の機能があると考えられている。そのため、将軍塚などは天井の高さ約4.3mの大きな玄室を確保することができたとみられ、床の下には排水施設があって水が外に抜けるような構造になっている。古墳公開のため、「和歌山県立紀伊風土記の丘」として墳丘と園路が整備されている。JR阪和線ほか和歌山駅からバス「紀伊風土記の丘」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

岩橋千塚古墳群の関連キーワード和歌山県和歌山市南岸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩橋千塚古墳群の関連情報