コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島地大等 しまじだいとう

3件 の用語解説(島地大等の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島地大等
しまじだいとう

[生]1875
[没]1927
浄土真宗本願寺派の僧,東京大学講師。『天台教学史』『十不二門論講義』など仏教教理に関する研究が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島地大等 しまじ-だいとう

1875-1927 明治-昭和時代前期の僧,仏教学者。
明治8年10月8日生まれ。姫宮大円の次男。島地黙雷(もくらい)の養子。浄土真宗西本願寺大学林,前田慧雲(えうん)にまなぶ。明治35年大谷光瑞(こうずい)のインド仏跡調査に参加したのち,東京帝大などで仏教学,仏教史をおしえた。昭和2年7月4日死去。53歳。新潟県出身。幼名は等。著作に「真宗聖典」「天台教学史」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島地大等
しまじだいとう
(1875―1927)

明治・大正期の仏教学者。新潟県中頸城(なかくびき)郡、浄土真宗本願寺派の僧姫宮大円(ひめみやだいえん)の次男として生まれる。幼名は等(ひとし)。1902年(明治35)本願寺の大学林を卒業し、同年、大谷光瑞(こうずい)の指揮下にインド仏跡の調査に従う。07年、島地黙雷(もくらい)の次女篤子と結婚し、島地姓となる。16年(大正5)より本願寺の大谷照幼主の傅育(ふいく)に携わる。19年以後、東京帝国大学講師として日本仏教史を講じ、日本仏教の思想史的研究に先鞭(せんべん)をつけた。著書に『仏教大綱』『天台教学史』『日本仏教教学史』などがある。[末木文美士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島地大等の関連キーワード池上清定磯部尚祷苗代加藤亨鈴木圭二高井計之助野元驍福原義柄村川堅固吉田芳明

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone