令名(読み)れいめい

精選版 日本国語大辞典「令名」の解説

れい‐めい【令名】

〘名〙
① よい評判。名声
※文明本節用集(室町中)「土有争友則身弗(レイメイ)孝経〕」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉巻外「令名九州に遍ねく」 〔春秋左伝‐閔公元年〕
② よい名。立派な名称。〔史記‐秦始皇本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「令名」の解説

れい‐めい【令名】

よい評判。名声。令聞。「令名が高い」「閨秀作家として令名をはせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android