コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島薗順次郎 しまぞのじゅんじろう

7件 の用語解説(島薗順次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島薗順次郎
しまぞのじゅんじろう

[生]1877. 和歌山
[没]1937.4.27. 東京
医学者。本姓須藤,島薗家を継ぐ。 1904年東京帝国大学医科大学卒業。 11年ドイツに留学。帰国後岡山医学専門学校の教授。 24年,三浦謹之助の跡を継いで東京帝国大学医学部第1内科講座の教授となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しまぞの‐じゅんじろう〔‐ジユンジラウ〕【島薗順次郎】

[1877~1937]医学者。和歌山の生まれ。京大・東大教授。脚気(かっけ)がビタミンBの欠乏によることを発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

島薗順次郎【しまぞのじゅんじろう】

医学者。和歌山県の生れ。1905年東大卒。内科学を専攻。ドイツ留学後,岡山医専,京大教授を経て,1924年東大教授。1933年から東大病院長を兼任。脚気(かっけ)および神経病の研究,特に脚気に関する総合的な研究業績で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島薗順次郎 しまぞの-じゅんじろう

1877-1937 明治-昭和時代前期の内科学者。
明治10年3月12日生まれ。ドイツ留学後,京都帝大教授などをへて,大正13年母校東京帝大の教授。付属病院長もつとめた。脚気(かっけ)の原因がビタミンB1欠乏によることを解明。脚気病因論争に終止符をうち,食事による予防法をうちだす。15年学士院賞。昭和12年4月27日死去。61歳。和歌山県出身。旧姓は須藤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しまぞのじゅんじろう【島薗順次郎】

1877‐1937(明治10‐昭和12)
内科学者,とくに脚気研究の権威。須藤暢の次男として紀伊国和歌山に生まれ,幼くして島薗恒斎の養子となる。1905年東京帝国大学医科大学を卒業し,三浦謹之助の内科学医局に入る。11年ドイツに留学して神経病理学のエディンガーLudwig Edinger(1855‐1918)に師事。13年帰国。岡山医学専門学校教授となったが翌年京都帝国大学教授に転じ内科学を担当。24年母校三浦謹之助の後任教授として第一内科を担当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しまぞのじゅんじろう【島薗順次郎】

1877~1937) 医学者。和歌山市生まれ。京大・東大教授。脚気かつけ研究、および栄養学・神経学の研究で業績を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島薗順次郎
しまぞのじゅんじろう
(1877―1937)

内科学者。脚気(かっけ)の権威。和歌山県に須藤暢の二男に生まれ、島薗家の養子となる。1904年(明治37)東京帝国大学医科大学を卒業、同大学内科教室で三浦謹之助の下、内科学を専攻。1911~1913年ドイツに留学して神経病理学を研究。帰国後、岡山医学専門学校教授に任ぜられ、京都帝国大学教授を経て、1924年(大正13)東京帝国大学医学部へ移り、島薗内科を主宰、附属病院長も務めた。1929年(昭和4)には日独交換教授としてベルリン大学で講義を行った。脚気と神経病学の研究を続け、とくに脚気の病因、病理、症候、治療、予防など広範囲に研究した。1926年ビタミンB1の研究により帝国学士院賞を受賞。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島薗順次郎の関連キーワード入沢達吉教育科学巨大科学稲田竜吉教権乳児脚気権威道徳乾性脚気湿性脚気柳金太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone