コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崇源院 スウゲンイン

6件 の用語解説(崇源院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すうげん‐いん〔‐ヰン〕【崇源院】

[1573~1626]徳川秀忠の妻。名は江(ごう)。父は浅井長政。母は織田信長の妹小谷(おだに)の方。姉は淀君。浅井氏滅亡後、柴田勝家に嫁いだ母とともに越前に移り、柴田氏滅亡後は豊臣秀吉の保護を受ける。文禄4年(1595)、徳川秀忠の継室となり、のちに家光千姫らを産む。没後に贈従一位。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

崇源院 そうげんいん

すうげんいん

崇源院 すうげんいん

1573-1626 織豊-江戸時代前期,徳川秀忠の正室。
天正(てんしょう)元年生まれ。浅井長政と小谷(おだに)(お市)の方の3女。豊臣秀吉の側室淀殿(よどどの)の妹。文禄(ぶんろく)4年秀吉の養女として,6歳年下の秀忠に再々嫁した。千姫,家光,忠長,和子(東福門院)ら2男5女を生んだ。寛永3年9月15日死去。54歳。名は達子。通称はお江与,お江(ごう),小督(おごう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

崇源院

没年:寛永3.9.15(1626.11.3)
生年:天正1(1573)
江戸幕府2代将軍徳川秀忠の御台所。近江小谷城主浅井長政とお市の方(織田信長の妹小谷の方)の3女。淀君,常高院(京極高次正室)の妹。お江与の方という。諱は達子。一説では,はじめ従兄妹である尾張大野城主佐治一成に嫁すが,豊臣秀吉により離別させられたという。のち秀吉の養子羽柴秀勝(秀吉の甥)に嫁し,1女(完子,九条幸家室)を儲けた。秀勝没後に,秀吉の養女格として秀忠に再々嫁。千姫をはじめ家光,忠長ら2男5女を儲ける。次男忠長を偏愛し将軍職に就けようとしたり,秀忠が側室を持つことを許さなかったなど気性の激しさを窺わせる逸話が多いが,必ずしも真偽は明らかではない。没後に贈従一位。墓所は芝増上寺。<参考文献>『徳川諸家系譜』1・2巻

(久保貴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すうげんいん【崇源院】

1573‐1626(天正1‐寛永3)
江戸前期,将軍徳川秀忠の正室。江与の方。於江,小督,達子ともいう。浅井長政の三女,母は織田信長の妹小谷方。豊臣秀吉の側室淀殿,京極高次の室常高院の妹にあたる。はじめ尾張大野城主佐治与九郎一成に嫁したが,秀吉の意向で羽柴小吉秀勝と再婚。秀勝が朝鮮へ出陣して病死の後,1595年(文禄4)秀忠に嫁いだ。秀忠との間に家光,忠長,東福門院和子(まさこ)など2男5女をもうけた。【杣田 善雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崇源院
すうげんいん
1573―1626

徳川秀忠の室。家光の生母。お江与(えよ)の方、お江(ごう)、小督(おごう)などとよばれる。諱(いみな)は達子(たつこ)。近江小谷(おだに)城主浅井長政(あさいながまさ)の三女で、母は織田信長の妹小谷(お市)の方。1573年(天正1)、信長によって包囲された小谷城落城の際、母、二人の姉、お茶々(豊臣秀吉側室淀殿(よどどの))、初(京極高次(きょうごくたかつぐ)室常高院(じょうこういん))とともに脱出、信長に養われる。母の再婚によって柴田勝家(しばたかついえ)の越前北庄(きたのしょう)城に移るが、1583年、秀吉と対立し敗れた勝家は自害、母もそれに続く。姉とともに秀吉に養われ、尾張大野城主佐治一成(さじかずなり)と結婚し、秀吉の意向によって離縁。秀吉の養女となって織田秀勝(おだひでかつ)と結婚するが、秀勝は朝鮮に出陣し没する。1595年(文禄4)、徳川秀忠と結婚。家光、忠長(ただなが)、千姫、和子(後水尾天皇(ごみずのおてんのう)中宮東福門院(とうふくもんいん))ら2男5女を生む。江戸城で没後、従一位(じゅいちい)を贈られる。[真下道子]
『西岡虎之助著『日本女性史考』新装版(1983・新評論)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崇源院の関連キーワード江戸幕府尼御台所大御台所上覧相撲一橋天璋院後藤庄三郎(2代)天英院内藤清成本理院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

崇源院の関連情報