欣欣(読み)きんきん

精選版 日本国語大辞典「欣欣」の解説

きん‐きん【欣欣】

〘形動タリ〙
① よろこぶさま。また、よろこばしいさま。
※鹿苑日録‐明応八年(1499)三月二四日「勢州有状、曰、昨日閑話欣々」
其面影(1906)〈二葉亭四迷〉五三「面(かほ)は兎に角、内心はいつも欣々(キンキン)たる哲也で」 〔詩経大雅・鳧鷖〕
② 得意になってうぬぼれるさま。
滑稽本・麻疹戯言(1803)「欣欣(キンキン)高慢。満満洒落」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「欣欣」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「欣欣」の解説

【欣欣】きんきん

よろこび楽しむ。〔楚辞九歌、東皇太一〕五として會し 君欣欣として樂康す

字通「欣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android