川棚(町)(読み)かわたな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川棚(町)
かわたな

長崎県中部、東彼杵郡(ひがしそのぎぐん)にある町。大村湾(おおむらわん)東岸に位置する。1934年(昭和9)町制施行。川棚川の河口に発達した町で、JR大村線、国道205号が通じる。第二次世界大戦中に設けられた海軍工廠(こうしょう)の跡地には工業団地が設けられ、耐火れんが、コンクリート、タイルなどの工場が進出している。水の豊富な町で、岩立(いわたて)地区の取水堰(しゅすいぜき)から、北方の佐世保(させぼ)市へ送水している。背後の丘陵地ではミカン栽培が盛んで、海岸の小串(おぐし)では、真珠養殖が行われ、ナマコの特産がある。大村湾に突出する大崎半島には自然公園の孔雀園(くじゃくえん)があり、国民宿舎、キャンプ場を伴い国民休養地に指定されている。なお下組郷(しもぐみごう)には元和(げんな)年間(1615~1624)のキリシタン墓碑(県指定史跡)がある。大村湾県立公園の指定域。面積37.35平方キロメートル、人口1万4067(2015)。[石井泰義]
『金滝大八郎著『川棚の郷土夜話』正続(1958、1959・川棚町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android