コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川棚[町] かわたな

2件 の用語解説(川棚[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

川棚[町]【かわたな】

長崎県東彼杵(ひがしそのぎ)郡,大村湾北岸の町。大村線が通じる。川棚川河口付近に第2次大戦中海軍工廠などが置かれて発展。食品製造,窯業などの工業を行う。クルマエビを特産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かわたな【川棚[町]】

長崎県東部,東彼杵(ひがしそのぎ)郡の町。人口1万5064(1995)。大村湾の北側に位置し,西は佐世保市,東は佐賀県に接する。東部には虚空蔵山,西部には弘法岳などの山地があり,中央部は大村湾に注ぐ川棚川下流の沖積低地である。南西部には大村湾に突き出した大崎半島がある。中心集落の川棚は,川棚川の河口にあり,JR大村線,国道205号線が通じ,地方港湾川棚港を有する。1942年に佐世保海軍工廠の分工廠が立地し,翌年には川棚海軍工廠となって,人口が急増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川棚[町]の関連キーワード家船西海西彼杵半島東浦東かがわ諫早東彼杵・波佐見・川棚3町の合併問題富田愿之助東次郎