コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工作機械工業 こうさくきかいこうぎょう

3件 の用語解説(工作機械工業の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

工作機械工業【こうさくきかいこうぎょう】

工作機械は機械を作る機械ともいわれ,その工作精度のいかんが各種産業機械などの品質・性能を決定するため,工作機械工業には高い技術水準が要求される。同時にその成立,発展には,市場として機械工業一般がかなり発達していることが前提となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうさくきかいこうぎょう【工作機械工業】

〈機械をつくる機械(マザーマシン)〉を製造する工業をいう。工作機械は刃物(工具)を用いて金属素材を切削加工し,その方式は,被加工物の形状によって〈丸もの加工〉と〈角もの加工〉に大別できる。丸もの加工は,丸棒状の被加工物を加工するもので,おもに被加工物に回転運動を与え,それに対し直角に工具をあてて切削する。代表的なものに旋盤がある。角もの加工は,方形(立方体直方体)の被加工物を工具で切削するもので,工具を回転させるものとしてボール盤(穴あけ),中ぐり盤フライス盤などがあり,平行運動させるものに平削り盤がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工作機械工業
こうさくきかいこうぎょう

機械を製造する機械(工作機械)を生産する工業。[大西勝明]

特質

工作機械は、鉄などの金属素材から切削、研削等により不要部分を除去、加工し、工作物を製作する機械である。具体的には、旋盤、ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、研削盤、歯車機械、放電加工機、NC(numerical control=数値制御)工作機等がある。これら工作機械の発達は、工作物の精度を規定することになる。したがって工作機械は、その精度が一国の機械工業の技術水準を決定するといわれるほど重要な影響を関連産業領域に与えてきた。J・ワットの蒸気機関の発明も、J・ウィルキンソンが1775年に改良中ぐり盤を開発し、シリンダーの精密加工が可能になったことにより実現しえたのである。大量生産方式の端緒である、互換可能な部品による銃の生産もまたフライス盤、タレット旋盤等工作機械の発達に負っている。20世紀に入ってからの自動車生産等もまた、一段と精度の高い新しい機種の工作機械の出現に依存している。つまり、高速化、専用機化、切削工具の改良、超硬工具の発明、トランスファーマシンの開発等、工作機械の進歩発展が他産業の変革の基盤となっている。[大西勝明]

日本の工作機械工業の歴史

日本では、1889年(明治22)に池貝鉄工(のちの池貝)の前身である池貝工場が設立され、工作機械の生産を開始している。だが、国産の工作機械が他産業と密接に連動して発展したわけではなく、紡績機械、兵器生産に関連したわずかな需要は導入技術に占有されていた。第一次世界大戦中や第二次世界大戦時には輸入がとだえ、一時国産工作機械の生産が急上昇しているが、兵器生産に傾斜し、また技術面で外国製に劣っていたことから、日本の工作機械工業の戦前の産業基盤は脆弱(ぜいじゃく)であった。
 日本の工作機械工業は第二次世界大戦後本格的な発展を遂げている。とくに高度成長期において、時計、カメラ、ミシンを先頭に、家電製品、自動車といった量産型機械工業の展開が大きな市場となり、工作機械工業は目覚ましく躍進した。その後、1970年(昭和45)には、工作機械工業が一つの画期を迎えている。同年、普通旋盤生産が年産3万0500台と生産高のピークを記録した。また、国産NC工作機械の製造は1968年ころから本格化し、69年には日本産NC旋盤34台が輸出されている。この70年までは、日本のNC工作機械の生産は海外からの技術導入によって支えられていた。しかし、この年以降より日本の工作機械工業は、生産の過半をNC工作機械にシフトさせながら輸出を拡大し、低成長下でも持続的な成長を維持することになる。その後1982年には日本の工作機械の生産額は世界一になっている。
 工作機械工業は、景気変動と密接に連動し、全体の出荷額は大規模ではないが、機械をつくる機械として重要な役割を果たし続けている。高精度化、主軸速度、送り速度等の高速化、効率化を実現した機種を開発し、また、NC化率は、80%を上回っている。日本製品は国際市場で約30%のシェアをとるほどになったが、1990年代より低迷をはじめた。[大西勝明]

最近の動向

1993年(平成5)の生産額は90年の1.3兆円の約43%程度に下落している。97年、98年には外需を中心にもちなおしているが、99年以降また下落し、2000年の生産額は、8146億円であった。機種別生産額構成ではマシニングセンター(多くの工具を内蔵し、穴あけ、中ぐり等を一台で行うNC工作機械)と旋盤で50%を上回っている。輸出額は6201億円で、そのうちNC工作機械の占めるウェイトは約71%となっている。輸出先は、北米が約50%を占め、それにヨーロッパが続いているが、最近は、台湾、韓国、中国を中心にアジア向けが急増している。2000年の輸入額は、約856億円でアメリカ、ドイツ、スイスからの特殊加工機が約80%を占めている。
 1990年に1332あった事業所は、2000年には769となり、10年間で42%の事業所が消失した。従業者は、91年の6万2664人から2000年には、4万2141人へと2万0523人も減少している(「工業統計表」従業者4人以上の事業所の数値)。こうした過程で池貝、日立精機等の主要メーカーが経営破綻(はたん)に陥り、産業再編成が進行している。[大西勝明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工作機械工業の関連キーワード切削工具機械糸スノーマシン造機ウオーマシンエコーマシンNCマシン機素紡績機械バーマシン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

工作機械工業の関連情報