巨大児(読み)きょだいじ

家庭医学館の解説

きょだいじ【巨大児 Giant Baby】

[どんな病気か]
 巨大児の場合、からだの大きさが難産の原因になることがあります。その結果、分娩(ぶんべん)外傷や仮死産(かしざん)となることもあります。
 母親が糖尿病(真性もしくは妊娠性)で、そのコントロールが悪いために胎児(たいじ)が巨大児になった場合は、出生後、からだは大きくても呼吸障害、心不全や低血糖になる危険があります。妊娠中の糖尿病の管理が子どもにとってたいせつなのはこのためです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょだいじ【巨大児 over sized new born】

出生体重の非常に大きい新生児をいう。普通は出生体重4000g以上のものを指す。日本における頻度は約3%である。予定日を超えた出産に多いとは限らず,大部分は予定日前後に生まれた満期産児である。原因は不明であるが,身長・体重の大きい母親から生まれることが多く,巨大児が生まれると次の子どもも巨大児になる傾向がある。糖尿病の母親の子どもは巨大児が多い。巨大児は難産になりやすく,腕神経麻痺,骨折,頭血腫などの分娩外傷を受けたり,仮死状態で生まれることも多く,正常出生体重児と比べると周産期死亡率は高い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巨大児の関連情報