コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨大児 きょだいじ

妊娠・子育て用語辞典の解説

きょだいじ【巨大児】

出生時の体重が4000g以上の赤ちゃんをいいます(通常は3000g前後)。妊娠糖尿病などが原因となることがあります。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

家庭医学館の解説

きょだいじ【巨大児 Giant Baby】

[どんな病気か]
 巨大児の場合、からだの大きさが難産の原因になることがあります。その結果、分娩(ぶんべん)外傷や仮死産(かしざん)となることもあります。
 母親が糖尿病(真性もしくは妊娠性)で、そのコントロールが悪いために胎児(たいじ)が巨大児になった場合は、出生後、からだは大きくても呼吸障害、心不全や低血糖になる危険があります。妊娠中の糖尿病の管理が子どもにとってたいせつなのはこのためです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょだいじ【巨大児 over sized new born】

出生体重の非常に大きい新生児をいう。普通は出生体重4000g以上のものを指す。日本における頻度は約3%である。予定日を超えた出産に多いとは限らず,大部分は予定日前後に生まれた満期産児である。原因は不明であるが,身長・体重の大きい母親から生まれることが多く,巨大児が生まれると次の子どもも巨大児になる傾向がある。糖尿病の母親の子どもは巨大児が多い。巨大児は難産になりやすく,腕神経麻痺,骨折,頭血腫などの分娩外傷を受けたり,仮死状態で生まれることも多く,正常出生体重児と比べると周産期死亡率は高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨大児
きょだいじ

過熟児」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

巨大児の関連キーワード慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意骨盤位(さかご)妊娠中の健康管理分娩損傷と対策新生児とは何か赤ちゃんの世話子宮復古不全子宮頸管裂傷近藤謙山子宮破裂頸管裂傷分娩麻痺出生体重

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巨大児の関連情報