コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過熟児 かじゅくじover-ripe child

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過熟児
かじゅくじ
over-ripe child

子宮内で正常以上の段階まで成熟した子をさす用語であるが,こうした考え方に反対の説も多い。一般には,分娩予定日を2週間以上過ぎてから生れる子を過熟児と呼ぶことが多く (在胎 42週以上で生れた子を過期産児ともいう) ,この場合,多くは胎盤機能不全の徴候を伴う。なお,出生時体重の多い子 (3800g以上) は,過熟児ではなく巨大児と呼ぶ。巨大児は,頭や肩幅が大きいために難産になりやすい。糖尿病の母から生れることが多く,出生後に低血糖,感染などを起しやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かじゅく‐じ〔クワジユク‐〕【過熟児】

出産予定日を著しく遅れて生まれた新生児。ふつう2週間以上をいう。過期産児。
母胎内での発育が著しく、体重の大きい新生児。ふつう4000グラム以上をいう。巨大児。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

過熟児

 未熟児に対する名称で,妊娠期間の長かった子,出生時体重が特に大きい子,もしくは過熟な徴候を認める子の総称

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かじゅくじ【過熟児】

出産予定日よりかなり遅れて生まれた子供。
著しく体重の多い新生児。通常4キログラム 以上ある場合にいう。巨大児。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過熟児
かじゅくじ

出産予定日を超過して在胎43週以上で生まれた過期産児をいう。胎盤機能不全によって分娩の開始が遅れたものと考えられ、医学的には胎盤機能不全症候群に含まれるものが多い。胎盤機能不全症候群は単に予定日超過ばかりでなく、母親の高血圧や性器出血など、多様な原因でもみられるので、過熟児と同義語とはいえない。
 過熟児は胎盤機能不全のため子宮内で栄養や酸素の不足に陥り、在胎期間に比し体重の少ない低出生体重児となる。胎盤機能不全の状態を第1期、第2期、第3期に分け、第1期のものは老人性顔貌(がんぼう)、しわの多い皮膚などが特徴であり、第2期および第3期は羊水中に排便した胎児の胎便のため皮膚や爪(つめ)などが緑色に染まる。現在では分娩監視装置が発達したので、第2期や第3期のものはみられなくなった。臨床上特別な治療の必要はない。
 なお、紛らわしい用語に巨大児がある。これは、成熟に伴って体重が増加するという考え方から過熟児と同義語にみられやすいが、出生時の体重が4000グラム以上のものをいう。原因は不明であるが、糖尿病の母親から生まれることが多い。難産のため仮死や分娩時の障害をおこしやすい。また、母親が糖尿病の場合は出生後に低血糖をおこしやすい。保育は未熟児に準じて行われる。[坂上正道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

過熟児の関連キーワード出産予定日

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android