コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨細胞腫 きょさいぼうしゅ Giant Cell Tumor

1件 の用語解説(巨細胞腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きょさいぼうしゅ【巨細胞腫 Giant Cell Tumor】

[どんな病気か]
 良性の骨腫瘍(こつしゅよう)で、骨軟骨腫(こつなんこつしゅ)(「骨軟骨腫」)、内軟骨腫(ないなんこつしゅ)(「内軟骨腫」)についで、よくみられる病気です。
 この病名は、腫瘍の顕微鏡検査(病理組織学的検査)で、多数の核をもつ大型の細胞(多核巨細胞(たかくきょさいぼう))がたくさん出現するのがみられることからつけられています。
 良性と悪性の中間の性質をもった腫瘍と考えられていますが、ふつうは良性腫瘍として治療されます。
 まれに、肺などの遠い臓器に転移(遠隔転移)することがあります。
 発生しやすい部位は、大腿骨(だいたいこつ)(ももの骨)の下端、脛骨(けいこつ)(すねの太い骨)の上端、上腕骨(じょうわんこつ)の上端、橈骨(とうこつ)(上腕骨と関節でつながって親指方向にのびる骨)の末端などの長管骨(ちょうかんこつ)(大きな長い管状の骨)です。
 しかし、脊椎(せきつい)や骨盤(こつばん)、脊椎のもっとも下にある仙骨(せんこつ)など、長管骨以外の骨にも発生します。
 この腫瘍が発生するのは、20歳以上の人で、10歳代でおこることは、きわめてまれです。
[症状]
 長管骨に発生した場合は、それに隣接している関節の痛みが、初発症状となります。
 腫瘍が大腿骨の下端、脛骨の上端、腓骨(ひこつ)の上端に生じると、膝(ひざ)の関節痛がおこります。また、上腕骨の上端に生じると、肩関節痛がおこります。橈骨や尺骨(しゃっこつ)の遠位端に生じた場合には、手関節痛がおこります。
 腫瘍が大きくなると、腫(は)れや、おしたときの痛み(圧痛)、熱感、関節の動きが悪くなる(可動性制限)などの症状をともないます。
[検査と診断]
 診断は、単純X線検査で可能な場合もありますが、腫瘍の小片をとって顕微鏡で調べる病理組織学的検査(生検(せいけん))が必要なこともあります。
[治療]
 腫瘍が小さい場合は、手術で切除し、そのあとに骨移植を行ないます。
 移植に用いる骨は、自分のからだからとった骨、骨バンクに保存してある他人の骨(銀行骨)、人工骨などがあります。
 また、骨セメントという素材を充填(じゅうてん)することもあります。
 腫瘍が大きい場合には、その部分を切除したあとに、大骨片(大きな骨)移植を行なったり、あるいは人工関節を用いた人工関節置換術(じんこうかんせつちかんじゅつ)を行なうこともあります。
 手足の切断や離断が必要な場合は、きわめてまれです。
 手術が不可能な部位にできた腫瘍には、放射線治療が行なわれます。
 巨細胞腫は良性腫瘍なので、大部分は手術すればよく治ります。
 まれに、腫瘍細胞が残っていて局所に再発することがありますが、再手術が可能です。
 また、まれには肺に転移することもありますが、これは自然に治癒(ちゆ)することもあります。
 しかし、肺転移が進行した場合には、命をなくすこともあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

巨細胞腫の関連キーワード骨腫瘍良性腫瘍扇骨骨腫肢骨踵骨何心地不死身アデノーマ繊維腫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巨細胞腫の関連情報