コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巫女舞 ミコマイ

3件 の用語解説(巫女舞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みこ‐まい〔‐まひ〕【巫女舞】

巫女による神楽の舞。太鼓・笛・銅拍子(どびょうし)などの伴奏で、鈴・榊(さかき)・笹・扇・幣束などを持って舞う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みこまい【巫女舞】

巫女の舞う神楽舞。もと巫女の神懸かりの舞が奉納舞にかわったもの。鈴・幣ぬさ・榊さかきなどを持ち、太鼓・笛・銅拍子どうびようしで囃はやす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巫女舞
みこまい

巫子舞、御子舞、神子舞などとも書き、巫女神楽(かぐら)ともいう。もと神に仕える巫女が神がかりして託宣するために舞をまった。巫女舞はこうした神がかりの舞が洗練され様式化されたもので、のちには社頭における鈴を振りながらの祈祷(きとう)の奉納舞にもなった。また湯立(ゆだて)をつかさどったのも多くは巫女で、湯立に伴う湯清めの舞をまった。古代には記紀にみえる天岩屋戸(あめのいわやど)の天鈿女命(あめのうずめのみこと)が神がかりして俳優(わざおぎ)したのや、『古語拾遺』に「さる女君(めのきみ)ノ氏ハ神楽ノ事ニ供ヘ」とある神楽も、ともに巫女舞であったと考えられる。宮中の内侍所御神楽(ないしどころのみかぐら)には巫女舞はみられないが、鎮魂祭や園并韓神祭(そのならびからかみのまつり)などの神楽には巫女舞があった。伊勢(いせ)、出雲(いずも)、石清水八幡(いわしみずはちまん)、住吉、春日(かすが)などの大社には古くから巫女舞が行われてきた。とくに春日大社の巫女舞は八乙女(やおとめ)舞とも称し、延喜(えんぎ)(901~923)のころに藤原忠房(ただふさ)の歌(『拾遺集』所収)にも詠まれていた。現在の巫女舞は1872年(明治5)に社司の富田光美(とみたみつよし)が古伝によって再興したものである。一方、中世に法者(ほうしゃ)や修験(しゅげん)者と連携した巫女は法者の誦(よ)む祭文につれて巫女が神がかりし、死霊鎮めの舞をまった。
 巫女舞の基本は、鈴、榊(さかき)、笹(ささ)、幣(みてぐら)、扇などを採物(とりもの)として回って回り返す旋回運動にあるが、全国各地の巫女舞には美しくまうだけの形式的な舞が多い。託宣の形を残すものには、秋田県の保呂羽(ほろは)山の霜月(しもつき)神楽の神子舞や岩手県宮古市の黒森神社の神子舞と湯立託宣などがあり、神がかり風な舞は島根県の隠岐(おき)神楽の巫女舞に残っている。巫女舞をはやす楽器は、笛、太鼓、銅(どうばつし)の所が多く、琴や笏拍子(しゃくびょうし)などがつく所もあり、神歌(かみうた)も歌われる。[渡辺伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巫女舞の関連キーワード早舞出雲神楽神楽太鼓神楽巫女獅子神楽太太神楽銅拍子夜神楽神楽の舞神楽の舞 水割缶

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巫女舞の関連情報