コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川松蔦 いちかわしょうちょう

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわしょうちょう【市川松蔦】

歌舞伎俳優。松蔦は初世市川左団次の俳名で,2世左団次も一時用いた。芸名としては,2世左団次の妹が初世で,3世まであるが,2世松蔦の活躍で世にあらわれた。屋号は若松屋。(1)2世(1886‐1940∥明治19‐昭和15) 本名鈴木鉄弥。東京生れ。新宿の妓楼新万楼の長男(父の名不詳)。1896年初世市川左団次の門に入り市川左喜松の芸名で初舞台,莚若を経て,1912年松蔦を襲名し,翌年2世左団次の妹(初世松蔦)と結婚,左団次一座の立女方として翻訳劇の女までこなし左団次の新風に花を添えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の市川松蔦の言及

【市川門之助】より

…型物に定評ある女方であった。(7)7世(1928(昭和3)‐ )35年市川たか志の名で初舞台,46年3世市川松蔦(しようちよう)をつぎ,62年,門之助を襲名。娘方から年増役までこなす芸域の広い女方として活躍。…

※「市川松蔦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

市川松蔦の関連キーワード市川 門之助(7代目)市川 松蔦(2代目)市川門之助(7代)鳥辺山心中今様薩摩歌尾上伊太八9月23日番町皿屋敷修禅寺物語頼朝の死

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android