コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市浦 しうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市浦
しうら

青森県北西部,津軽半島西側にある,五所川原市の飛び地。旧村域。 1955年相内 (あいうち) 村,脇元村,十三 (じゅうさん) 村の3村が合体して市浦村が成立。 2005年五所川原市,金木町と合体して五所川原市となった。西は日本海,南は十三湖に臨む。山地が多く,農業と漁業に依存している。十三湖のシジミが名産。十三湖の湖口から南の七里長浜など日本海側の海岸線は津軽国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市浦
しうら

青森県北西部、北津軽郡にあった旧村名(市浦村(むら))。現在は中泊(なかどまり)町の南部をはさんで南北に分かれる五所川原(ごしょがわら)市の北部に、飛び地として存在。1955年(昭和30)相内(あいうち)、脇元(わきもと)、十三(じゅうさん)の3村が合併して成立。2005年(平成17)、五所川原市に合併。旧村域は津軽平野の北端にあり、南は十三湖、西は日本海に臨む。国道339号が通じる。鎌倉中期に安東氏がこの地を治め、十三湊(とさみなと)を開いた。近世には西廻(にしまわり)航路の重要な港となったが、明治以降衰退した。農業と林業に依存しており、出稼ぎが多い。十三湖一帯は津軽国定公園の一部。[横山 弘]
『『市浦村史資料編』上中下(1975~1977・市浦村) ▽『市浦村史』1~2巻(1984~1996・市浦村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

市浦の関連キーワード埼玉県さいたま市浦和区東高砂町埼玉県さいたま市浦和区東仲町埼玉県さいたま市浦和区皇山町埼玉県さいたま市浦和区東岸町埼玉県さいたま市浦和区針ヶ谷埼玉県さいたま市浦和区上木崎埼玉県さいたま市浦和区北浦和埼玉県さいたま市浦和区瀬ヶ崎埼玉県さいたま市浦和区大東埼玉県さいたま市浦和区元町埼玉県さいたま市浦和区本太埼玉県さいたま市浦和区領家埼玉県さいたま市浦和区神明埼玉県さいたま市浦和区三崎埼玉県さいたま市浦和区木崎埼玉県さいたま市浦和区前地青森県五所川原市十三青森県北津軽郡中泊町市浦検校(2代)中川検校(3代)

市浦の関連情報