コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市浦 しうら

2件 の用語解説(市浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市浦
しうら

青森県北西部,津軽半島西側にある,五所川原市の飛び地。旧村域。 1955年相内 (あいうち) 村,脇元村,十三 (じゅうさん) 村の3村が合体して市浦村が成立。 2005年五所川原市金木町と合体して五所川原市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市浦
しうら

青森県北西部、北津軽郡にあった旧村名(市浦村(むら))。現在は中泊(なかどまり)町の南部をはさんで南北に分かれる五所川原(ごしょがわら)市の北部に、飛び地として存在。1955年(昭和30)相内(あいうち)、脇元(わきもと)、十三(じゅうさん)の3村が合併して成立。2005年(平成17)、五所川原市に合併。旧村域は津軽平野の北端にあり、南は十三湖、西は日本海に臨む。国道339号が通じる。鎌倉中期に安東氏がこの地を治め、十三湊(とさみなと)を開いた。近世には西廻(にしまわり)航路の重要な港となったが、明治以降衰退した。農業と林業に依存しており、出稼ぎが多い。十三湖一帯は津軽国定公園の一部。[横山 弘]
『『市浦村史資料編』上中下(1975~1977・市浦村) ▽『市浦村史』1~2巻(1984~1996・市浦村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市浦の関連キーワード五所川原青森県五所川原市磯松青森県五所川原市梅田青森県五所川原市大町青森県五所川原市金山青森県北津軽郡青森県北津軽郡中泊町青森県五所川原市湊青森県五所川原市元町青森県東津軽郡蓬田村

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市浦の関連情報