コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金木 かなぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金木
かなぎ

青森県北西部,津軽平野北部にある五所川原市北部の旧町域。 1920年町制。 1955年嘉瀬 (かせ) 村,喜良市 (きらいち) 村の2村と合体。 2005年五所川原市,市浦村と合体して五所川原市となった。西部は,江戸時代弘前藩の新田開発によって米作地域となり,東部は津軽山地で大部分が国有林。中心の金木地区は 1930年に五所川原-中里間に津軽鉄道が開通,また太宰治の生家「斜陽館」がある。芦野公園は桜の名所。芦野池沼群県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かな‐ぎ【金木/×鉗】

《「かなき」とも》
細い堅い木。また、その枝。
刑具の一。鉄製または木製首枷(くびかせ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金木
かなぎ

青森県北西部、北津軽(つがる)郡にあった旧町名(金木町(まち))。現在は中泊(なかどまり)町の南部をはさんで南北に分かれる五所川原(ごしょがわら)市の南部域の北側に位置する。1920年(大正9)町制施行。1955年(昭和30)喜良市(きらいち)、嘉瀬(かせ)の2村を合併。2005年(平成17)、五所川原市に合併。旧町域の東部は津軽山地で国有林が大部分を占め、西部は岩木川やその支流の流れる津軽平野である。近世初頭に開村し、元禄(げんろく)年間(1688~1704)に金木新田として本格的に開拓された。1683年(天和3)金木川口御番所が置かれ、1687年(貞享4)金木組24か村支配の代官所が設置され、津軽北部の中心地として発展した。おもに米と木材を産出し、リンゴも産する。1930年(昭和5)津軽鉄道が開通してから便利になったが、地方の中心的機能は衰えた。太宰治(だざいおさむ)の生家がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金木 (カナギ)

植物。ニレ科ニレ属の樹木の総称。ニレの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の金木の言及

【木造[町]】より

…津軽平野西部,岩木川西岸を占め,町の西部は屛風山砂丘からなる七里長浜の単調な海岸線で日本海に臨む。岩木川西岸の平野部はかつては低湿な泥炭地で,17世紀後半に津軽藩4代藩主津軽信政が藩の直営事業として新田開発に着手し,以後200年にわたり,木造,金木,俵元の3新田が開発され,木造はその中心として発展した。明治に入って五所川原に郡役所が置かれ,1918年陸奥鉄道(のち国鉄(現JR)五能線)川部~五所川原間の開通とともに,津軽平野北部の中心は木造から五所川原に移った。…

※「金木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金木の関連キーワード佐々木 嘉太郎(1代目)津軽・陸中 殺人ルート白川 軍八郎(初代)太宰治記念館 斜陽館オートチューニング金木さなぶり荒馬踊ブランケットエリア青森県五所川原市アイコノスコープサウンドトラック五所川原(市)津島 源右衛門プランビコンendo's大石礙真素美モノスコープ若柳 賀津雄武田甚左衛門津島 文治磁気ヘッド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金木の関連情報