コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師法 シホウ

2件 の用語解説(師法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐ほう〔‐ハフ〕【師法】

人が従い守るべき事柄。また、師から教えられた事柄。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しほう【師法 shī fǎ】

中国において,師から弟子へと伝授される学問の流儀。一家をかまえた学問の流儀であるので家法ともよばれる。漢代の経学,とくに今文学においてやかましくいわれ,太学の五経博士はすべてこれをもって教授した。弟子には師説の墨守がもとめられたが,おのずから分派が生じ,あらたな師法,家法が形成された。史書の《史記》と《漢書》も,元来は師法によって伝授されたという。家学【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

師法の関連情報