常勝軍(読み)じょうしょうぐん(英語表記)Chang-sheng-jun; Ch`ang-shêng-chün

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常勝軍
じょうしょうぐん
Chang-sheng-jun; Ch`ang-shêng-chün

中国において西洋人に指揮され,西洋式装備をもって太平天国鎮圧に従事した傭兵部隊。咸豊 10 (1860) 年,太平天国の揚子江下流域進出に対抗して,上海商人の出資でアメリカ人 T.ウォードが編成した外人部隊が前身。のち中国人兵士で編成され,上海防衛,蘇州回復などにあたり,同治1 (62) 年,常勝軍の名を得,兵力も約 5000人となった。ウォードの死後,アメリカ人 H.A.バージュバインを経て,同2年イギリス人 C.ゴードン少佐が指揮をとった。南京 (天京) 陥落が間近い同3年5月に解散された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

常勝軍【じょうしょうぐん】

中国,清末の太平天国平定のため外国人が指揮者となって編制した義勇軍の称。1860年太平軍が上海に接近した際,米人ウォードが外人部隊を編制しこれを阻止したことに始まる。1861年彼は松江で新たに中国人1000人からなる義勇軍を編制し活躍,常勝軍と呼ばれた。1862年彼の戦死により翌年英人ゴードンが指揮。1864年太平軍平定により解散。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょうしょうぐん【常勝軍】

戦えばいつも勝つ強い軍隊。
太平天国を平定するため、1860年アメリカの船員ウォードが上海で組織した外国人と中国人からなる軍隊。上海周辺の防備に活躍し、この名を得る。63年英軍人ゴードンが指揮をとり、江蘇各地で勝利を収めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常勝軍
じょうしょうぐん

中国、太平天国軍と戦うために上海(シャンハイ)で組織された、欧米人を指揮官とする外国人と中国人の混成義勇軍。1860年、アメリカのウォードが、清(しん)の地方官呉煦(ごく)や大商人楊坊の承認・資金援助を受けて外国人を徴募して組織した洋槍隊(洋銃隊の意)に始まる。のち、中国人を兵士として徴募・訓練し、約4500人に拡大、上海周辺一帯で太平天国軍と戦い、62年3月常勝軍と改名した。同年9月にウォードが戦死すると、アメリカ人バージェビンH. A. Burgevineが指揮をとった。しかし彼が給料問題で衝突して罷免されると、63年3月イギリスの現役少佐ゴードンが指揮官となり、常勝軍はイギリスの対中国政策の執行者としての性格をもつに至った。優越した装備によって各地で太平天国軍を撃破したが、南京(ナンキン)陥落直前に昆山(こんざん)で解散し、一部は淮軍(わいぐん)に組み込まれた。ほかにフランスが1862年寧波(ニンポー)で組織した同性格の常捷軍(じょうしょうぐん)がある。[小島晋治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の常勝軍の言及

【太平天国】より

…また,この対外抵抗は,イギリス,フランスの幕末日本への軍事的圧力をゆるめ,その対日政策にも影響を与えた。列強の軍事援助を受けた淮軍とイギリスの将校ゴードンを司令官とする義勇軍(常勝軍)の連合軍によって,太平軍はその最後の地盤,江浙地方をも失い,1864年6月,洪秀全は病死し,その20日後に天京が陥落して,太平天国は滅亡した。
[歴史的意義]
 敗北したとはいえ,この運動は近代以前の世界史上のいかなる民衆反乱もつくり得なかった高度に統一された組織と,多数の女性を含む独自の軍隊をつくって,十数年にわたって内部の封建勢力,ならびに新来の外国資本主義勢力に対して戦いつづけた。…

※「常勝軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常勝軍の関連情報