コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常呂遺跡群 ところいせきぐん

2件 の用語解説(常呂遺跡群の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

常呂遺跡群【ところいせきぐん】

北海道北見市にある旧石器時代アイヌ文化期の遺跡群(国指定史跡)。オホーツク海に面した砂丘上に5kmにわたって分布する,国内最大規模の縄文晩期〜擦文時代の集落遺跡常呂竪穴群遺跡・栄浦第一遺跡・第二遺跡や,オホーツク文化期の住居跡の発掘例として知られるトコロチャシ遺跡,アイヌ文化期の送り場が確認されたライトコロ川口遺跡などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常呂遺跡群
ところいせきぐん

北海道北見(きたみ)市常呂町常呂を含む一帯にある縄文文化、続縄文文化、擦文(さつもん)文化、オホーツク文化などの遺跡の総称。調査は、1957年(昭和32)以来、東京大学文学部により継続して行われている。常呂町地区は、大雪(たいせつ)山系に源をもちオホーツク海斜面最大の流域面積をもつ常呂川の川口にあり、その川口を中心にして、現海岸線からおよそ2キロメートルの範囲に遺跡が100地点ほど発見されている。これらの遺跡は台地端および砂丘上にみられ、最大規模のものは、常呂川川口からサロマ湖へと延びる砂丘上にある栄浦(さかえうら)第二遺跡と常呂竪穴(たてあな)群である。前者は2000余の竪穴を、後者は500ほどの竪穴を地表から見ることができる。遺跡は、海岸線に沿って東西6キロメートル、南北300メートルの範囲にあり、現在、わが国でもっとも多数の竪穴がみられる。竪穴の多くは住居跡と考えられ、縄文文化、続縄文文化、オホーツク文化のものもみられるが、もっとも多いのは擦文文化の住居跡と考えられる。墓も発見されている。平安・鎌倉時代に至る北辺の生活を解明する鍵(かぎ)を握っているともいえる遺跡である。これらは1974年3月「常呂遺跡」として国史跡に指定された。このほか、北海道東部最大の貝塚である朝日トコロ貝塚、擦文時代を中心にした岐阜第1、第2、第3遺跡、オホーツク文化・アイヌ文化を中心にしたトコロチャシなどが発掘調査されている。出土品は、本州とつながりをもつものが多いが、黒竜江(アムール川)流域をはじめとするアジア大陸北東部につながる要素をもつものも数多くみられ、日本文化形成の際に一定の役割を果たしたと考えられる北アジアからの文化要素の受け入れ口になっている。73年には、この地域の文化をおもな研究目的とする東大文学部附属北海文化研究常呂実習施設も設立され、研究が継続されている。[藤本 強]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone