コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津林中(初代) ときわず りんちゅう

2件 の用語解説(常磐津林中(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津林中(初代) ときわず-りんちゅう

1843*-1906 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
天保(てんぽう)13年12月生まれ。明治12年常磐津節の家元(6代小文字太夫)の未亡人の養子になり,7代小文字太夫を名のるが,同年離縁となって林中と改名。郷里の盛岡にこもっていたが,9代市川団十郎の招きで30年歌舞伎座に出演,大好評をえた。明治39年5月6日死去。65歳。本名は山蔭忠助。本姓は石川。前名は松尾太夫(2代)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常磐津林中(初代)

没年:明治39.5.6(1906)
生年:天保13.12(1842)
幕末明治期の常磐津節の太夫。盛岡藩士石川清蔵の子で名は忠助。三浦藩士山蔭定次郎の養子となる。常磐津和登太夫に学び,嘉永6(1853)年小和登太夫。のち4代目常磐津文字太夫,初代常磐津松尾太夫に学ぶ。文久2(1862)年2代目松尾太夫となる。明治12(1879)年7月,12代目守田勘弥の世話で前家元6代目小文字太夫の亡きあと,その妻常子の養子となり,7代目小文字太夫となったが,19年家元から離縁となり,林中と改名。この間,15年常磐津・岸沢両派の和解を成立させたが,この和解は林中の存命中のみに終わった。さらに,宮古路国太夫半中と名乗り,岸沢仲助と地方巡業を試みたが失敗,郷里盛岡に引きこもった。29年9代目市川団十郎に招かれて上京,翌年2月林中の名で「関の扉」を語って評判となった。声量があり,振り切りがきれいで無駄節がなく,新しい演出が加えられていたので,新しい時代によく受け入れられた。また,常磐津節では日本で最初のレコード吹き込みをした。<参考文献>小野田翠雨「常磐津林中」(『文芸倶楽部』6巻15号),常磐津文字兵衛「名人林中」(『演劇界』1946年7月号),鈴木彦次郎『常磐津林中』

(安田文吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常磐津林中(初代)の関連キーワード常磐津林中常磐津常磐津文字太夫常磐津兼太夫(7代)常磐津駒太夫(5代)常磐津小文字太夫(6代)常磐津文字太夫(2代)常磐津若太夫(4代)常磐津若太夫(5代)常磐津若太夫(6代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone