コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関の扉 せきのと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関の扉
せきのと

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『積恋雪関扉 (つもるこいゆきのせきのと) 』。天明4 (1784) 年江戸桐座『重重人重 (じゅにひとえ) 小町桜』の2番目大切で,1世中村仲蔵らにより初演。宝田寿来作詞,1世鳥羽屋里長作曲 (2世岸沢式佐とも) 。2世西川扇蔵振付。天明ぶりと呼ばれる江戸の古風な顔見世の雰囲気を伝える,上下2巻,90分の長編。逢坂関 (おうさかのせき) を舞台に,仁明帝崩御後の陰謀事件を,大伴黒主小野小町など往時の有名歌人の名をかりて描く。筋は荒唐無稽な虚構であるが,この所作事の部分は大当りをとり,常磐津中屈指の名曲といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

関の扉【せきのと】

常磐津節の曲名。本名題《積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)》。宝田寿来作詞,二世岸沢式佐・初世鳥羽屋里長(とばやりちょう)作曲。1784年初演。逢坂山を舞台に小野小町と良岑(よしみね)宗貞との恋などを扱った曲。
→関連項目常磐津林中

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきのと【関の扉】

歌舞伎舞踊。常磐津節。本名題《積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)》。宝田寿来作詞。初世鳥羽屋里長,2世岸沢式佐作曲。2世西川扇蔵振付。1784年(天明4)11月江戸桐座の顔見世狂言《重重人重小町桜(じゆうにひとえこまちざくら)》の大切浄瑠璃として初演。配役は関兵衛を初世中村仲蔵,宗貞を2世市川門之助,小野小町・墨染桜の精を3世瀬川菊之丞。関守関兵衛実は天下を狙う大伴黒主と,その野望を砕く良岑宗貞,墨染桜の精,小町姫の活躍を描く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきのと【関の扉】

歌舞伎舞踊の一。常磐津ときわず。本名題「積恋雪関扉つもるこいゆきのせきのと」。宝田寿来作詩。1784年初演。六歌仙の伝説に謡曲「墨染桜」の筋を合わせて脚色したもの。逢坂山の関で良岑宗貞よしみねのむねさだと小野小町の恋物語の後、関守関兵衛(実は大伴黒主)が墨染桜を切ろうとして、桜の精にその素性を見破られるという筋。顔見世舞踊の代表作で、常磐津の三名曲の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関の扉
せきのと

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の関の扉の言及

【常磐津節】より

…この期の代表的作者には壕越二三治(ほりこしにそうじ),金井三笑らがいる。天明~寛政(1781‐1801)ころの2世文字太夫時代は華やかで幻想的な時代変化舞踊劇の大作《関の扉(せきのと)》をはじめ,《双面(ふたおもて)》《古山姥(ふるやまんば)》,顔見世常磐津舞踊劇の型を破ったとされる変化物ではない《戻駕(もどりかご)》,祝儀物の《子宝三番叟》等がある。その後の2世兼太夫時代は《夕霧》等がある。…

※「関の扉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関の扉の関連キーワード中村 歌右衛門(6代目)常磐津文字太夫(2代)坂東 三津代(2代目)常磐津 林中(初代)尾上 松緑(2代目)鳥羽屋里長(初代)door post松本 白鸚(初代)常磐津 千東勢太夫常磐津林中(初代)鳥羽屋里長(1世)常磐津 宮尾太夫西川扇蔵(2世)西川扇蔵(2代)桂米丸(4世)藤間勘右衞門ぶっかえり歌舞伎舞踊河村 菊江日本舞踊

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android