(読み)アク

デジタル大辞泉の解説

あく【×幄】

幄舎(あくしゃ)」に同じ。

あく【幄】[漢字項目]

[音]アク(呉)(漢) [訓]とばり
上からかぶせる幕。テント。「幄舎帷幄(いあく)

あげ‐ばり【×幄】

《「揚げ張り」の意》「幄舎(あくしゃ)」に同じ。
「色々の錦の―に、御簾(みす)いと青くかけわたし」〈・二七八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あく【幄】

〘名〙 四方に柱をたて、棟(むね)、檐(のき)を渡して作った屋形にかぶせ、四方を囲う幕。また、その小屋。神事、または、朝廷の儀式などのおりに、参列の人を入れるため、臨時に庭に設ける仮屋。あげばり。幄の屋。幄舎。幄屋。
※延喜式(927)三〇「凡臨時大祓所、立五丈幄二宇、七丈幄一宇

あげ‐ばり【幄】

〘名〙 (「揚げ張り」の意。上にあげて張りつめたことによる名称。「あげはり」とも) =あく(幄)
※書紀(720)斉明二年九月(北野本訓)「紺幕(ふかきはなたのアケハリ)を此宮地(ところ)に張り」
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「あげばり新しく打ちて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幄の関連情報