コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境難民 かんきょうなんみん environmental refugees

3件 の用語解説(環境難民の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境難民
かんきょうなんみん
environmental refugees

環境破壊により生活基盤を失い難民化した人々。 1980年代に入って環境難民と呼ぶようになったが,環境破壊の種類もかつての自然災害 (88年のバングラデシュの洪水など) から,原発事故 (86年のチェルノブイリ) やダム建設 (中国が建設中の三峡ダム) ,砂漠化,土壌流出,熱帯林の破壊といった人為的要因によるケースがふえつつある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんきょう‐なんみん〔クワンキヤウ‐〕【環境難民】

大規模な環境変化によって、住んでいる地を離れざるを得ない人々。気候変動による砂漠化や海面上昇のほか、熱帯雨林焼畑農業や過放牧、過剰な灌漑(かんがい)農法などによる土壌荒廃により、生活が困難になった住民を指す。その原因が気候変動による場合は特に気候難民ともいう。1980年代後半以降、世界中で増加。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

環境難民【かんきょうなんみん】

原子力発電所の事故による放射能広範囲な汚染,砂漠化の進行,1980年代にみられたような大規模な干ばつネパールインドヒマラヤ水域における森林伐採のため下流域のバングラデシュで繰り返される洪水など,何らかの環境破壊によって居住地域を離れざるを得なくなった人々。
→関連項目難民

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

環境難民の関連キーワード自然環境保全法地域開発低温脆性難民避難民環境破壊14歳明治22年の大水害明治の大水害シリア難民

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環境難民の関連情報