コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平和五原則 へいわごげんそく five principles for peace

6件 の用語解説(平和五原則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平和五原則
へいわごげんそく
five principles for peace

1954年4月 29日の「中華人民共和国インド共和国の中国チベット地方とインドの間の通商,交通に関する協定」において初めて国際的に明示された原則。 (1) 領土,主権の相互尊重 (のちに主権および領土保全の相互尊重) ,(2) 相互不可侵,(3) 相互の内政不干渉,(4) 平等互恵,(5) 平和共存,の5項目から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へいわ‐ごげんそく【平和五原則】

1954年、インド首相ネルーと中国首相周恩来との共同声明の中にもられた両国の国交の五つの原則。相互の領土と主権の尊重、相互不可侵、内政不干渉、平等互恵、平和的共存からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平和五原則【へいわごげんそく】

1954年中国の周恩来とインドのネルーが締結した〈チベット・インド間の通商・交通協定〉の中でうたわれた中国・インド国交原則。領土主権の尊重,不可侵,不干渉,平等互恵,平和的共存の五つ。
→関連項目日中共同声明

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

へいわごげんそく【平和五原則】

中国の周恩来とインドのネルーのあいだで確認された国際関係規制の原則。1954年4月中国とインドの両国政府間に結ばれた〈チベット・インド間の通商および交通に関する協定〉は,中印両国の今後の関係を規制する新しい原則として,(1)領土・主権の尊重,(2)対外不侵略,(3)内政不干渉,(4)平等互恵,(5)平和的共存の原則五つを列挙した。続いてその2ヵ月後インドを訪問した中国の周恩来首相は,その演説のなかでこれらの5原則に言及し,〈5原則は中印両国にとってばかりでなく,われわれと同じ道を歩もうとする他の国々にとっても,好ましいものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へいわごげんそく【平和五原則】

1954年、中国の周恩来首相とインドのネール首相との共同声明で確認された、国際関係を律する五つの原則。領土・主権の相互尊重、相互不可侵、内政不干渉、平等互恵、平和的共存。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平和五原則
へいわごげんそく

中国の周恩来(しゅうおんらい)首相とインドのネルー首相との間で、1954年6月に発表された共同声明のなかで合意した次の五原則をいう。〔1〕領土・主権の相互尊重、〔2〕相互不可侵、〔3〕相互内政不干渉、〔4〕平等互恵、〔5〕平和共存である。
 これより先、同年4月に、中印双方は北京(ペキン)で「中印両国の中国チベット地方とインドの間の通商、交通に関する協定」を結び、その前文に上記の五原則が明記され、この際、インドはチベットにもっていた特殊権益を放棄した。インド側は平和五原則をパーンチ・シーラPanch Shilaとよび、中印両国首相はこの原則が両国とアジアおよび世界の他の国家との関係にも適用されることを提唱した。中国はビルマ(現ミャンマー)、ベトナムとも平和五原則を両国関係を処理する原則とすることを確認し、さらに平和五原則を中国外交の基本原則とすることを内外に宣言した。1955年のバンドン会議ではこの五原則を基礎に平和十原則が確認され、アジア・アフリカ新興国の国際原則とされたが、その後、62年に中印両国で国境問題をめぐって武力衝突が起こり、79年に中国がベトナムへの大規模な武力侵攻を行ったことにより、平和五原則は色あせたものとなった。[安藤正士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平和五原則の関連キーワードブロードバンドルーターインド省周恩来張群シンフェイン党ウインドウインドの青鬼フライ, ダディ, フライ無罪と無実の間昼と夜のあいだ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone