コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イク

デジタル大辞泉の解説

いく【幾】

[接頭]名詞に付く。時には形容詞に付くこともある。また、接尾語が付いて副詞をつくることもある。
数量の不明・不定の意を表す。「人」「日」
数量の多い意や年月の長い意を表す。「千万」「千代」「久しく」

き【幾】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]いく
〈キ〉
比較的小さな数について問う語。いくつ。「幾何(きか)
少しずつ。それとなく。「幾諫(きかん)
(「」と通用)細かいざし。「幾微」
こいねがう。「庶幾
〈いく〉「幾重(いくえ)幾多幾度幾年幾人幾分
[名のり]おき・ちか・ちかし・のり・ふさ
[難読]幾何(いくばく)幾許(いくばく)庶幾(こいねが)う・丁幾(チンキ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いく【幾】

( 接頭 )
主に名詞に付く。時には形容詞に付くこともある。
数量が不定であることを表す。どれほどかの。 「 -人いるか不明」 「 -山河」 「 -年月」
数量の多いことを示す語句を作る。 「 -万となく押し寄せる」 「 -久しく」 〔この語の下に接尾語が付いて、名詞または副詞を作ることもある。「-ら」「-らか」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

幾の関連キーワードマルチトラック城ヶ崎ブルース神奈川工科大学史に三長あり曽美加久堂松平玉暎女好事魔多し入江波光植物群落真如高覚刻み荒布集中登山幾久しく高覚女王仕舞ひ店幾田右門重ね楯板目紙篠懸衣張従正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幾の関連情報