コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広南国 こうなんこくGuang-nan-guo; Kuangnan-kuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広南国
こうなんこく
Guang-nan-guo; Kuangnan-kuo

ベトナム,17~18世紀の黎朝後期,ベトナム南半部に君臨していた阮氏の支配領域に対し,中国人が用いた呼称。ヨーロッパ人はこれをコーチシナ王国と呼んだ。一方,当時北半部に君臨していた鄭氏の支配領域を,中国人は安南国と呼び,ヨーロッパ人はトンキン王国と呼んだ。中国人が貿易のために多く渡来したトゥラン (沱らん) やフェイフォ (会安) がクァンナム (広南) 城の近くであったために,氏の支配地全体がその名で知られるようになったと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広南国
こうなんこく

16~18世紀に、中部ベトナム(広南)のフエ(ユエ)に都した阮(グエン)氏の王朝。1558年、北部黎(れい)朝(レ朝)の権臣阮(グエン・ホアン)は、鄭(チン)氏との政争に敗れて王都ハノイから追われ、当時辺境の地であったフエに軍を駐して実質的に独立した。しかし阮氏は、おりからの南海交易の発展に伴い、日本、ポルトガル、オランダと通交して栄えた。中国、日本人はこの国を広南国とよんだ。17世紀には北部鄭氏の南下を破るとともに、カンボジアからメコン・デルタを奪うなど発展したが、1777年タイソン(西山)阮氏の反乱によって滅亡した。しかし王族阮福映(グエン・フク・アイン)は1802年タイソン阮氏を滅ぼし、統一ベトナムを再興した。[桜井由躬雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android