コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広南国 こうなんこく Guang-nan-guo; Kuangnan-kuo

2件 の用語解説(広南国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広南国
こうなんこく
Guang-nan-guo; Kuangnan-kuo

ベトナム,17~18世紀の黎朝後期,ベトナム南半部に君臨していた阮氏の支配領域に対し,中国人が用いた呼称。ヨーロッパ人はこれをコーチシナ王国と呼んだ。一方,当時北半部に君臨していた鄭氏の支配領域を,中国人は安南国と呼び,ヨーロッパ人はトンキン王国と呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広南国
こうなんこく

16~18世紀に、中部ベトナム(広南)のフエ(ユエ)に都した阮(グエン)氏の王朝。1558年、北部黎(れい)朝(レ朝)の権臣阮(グエン・ホアン)は、鄭(チン)氏との政争に敗れて王都ハノイから追われ、当時辺境の地であったフエに軍を駐して実質的に独立した。しかし阮氏は、おりからの南海交易の発展に伴い、日本、ポルトガル、オランダと通交して栄えた。中国、日本人はこの国を広南国とよんだ。17世紀には北部鄭氏の南下を破るとともに、カンボジアからメコン・デルタを奪うなど発展したが、1777年タイソン(西山)阮氏の反乱によって滅亡した。しかし王族阮福映(グエン・フク・アイン)は1802年タイソン阮氏を滅ぼし、統一ベトナムを再興した。[桜井由躬雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

広南国の関連キーワードベトコンベトナム独立同盟会ベトナム光復会べとべと越僑べとつ・くグッドモーニング,ベトナムベトナム共和国ベトナム民主共和国ベトナム陶磁器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone