コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広野町 ひろの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広野〔町〕
ひろの

福島県南東部,太平洋にのぞむ町。 1889年上浅見 (かみあさみ) 川,下浅見 (しもあさみ) 川,上北迫 (かみきたば) ,下北迫 (しもきたば) ,夕筋 (ゆうすじ) ,折木 (おりき) の6村が合体して広野村となり,1940年町制。中心地区の広野は,江戸時代,陸前浜街道の宿駅。南西の高倉地区には岩城氏の一族猪狩隆清の築城した城址がある。主産業は農業で,米作が中心。常磐炭田の北端に位置し,石炭を産したが,76年に全面閉山。 80年に広野火力発電所が運転を開始,企業誘致が行われている。また,97年に楢葉町との境界にサッカー・ナショナル・トレーニングセンター「J-VILLAGE (Jヴィレッジ) 」がオープンした。海岸寄りを JR常磐線,国道6号線が通る。面積 58.69km2。人口 4319(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

広野町の関連キーワード福島県双葉郡広野町下浅見川福島県双葉郡広野町上浅見川福島県双葉郡広野町広洋台福島県双葉郡広野町下北迫福島県双葉郡広野町上北迫福島県双葉郡広野町中央台福島県双葉郡広野町夕筋福島県双葉郡広野町折木緊急時避難準備区域双葉郡の五つの高校広野[発電所]広野町の要覧ヒロノリュウ福島県双葉郡眞理ヨシコ広野(町)折木温泉双葉

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広野町の関連情報