コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広陵[町] こうりょう

百科事典マイペディアの解説

広陵[町]【こうりょう】

奈良県北葛城(きたかつらぎ)郡,奈良盆地にある町。北部に近鉄田原本(たわらもと)線が通じる。米のほか麦,ナスなどを栽培。靴下製造が盛んで全国有数の産地。百済(くだら)地区は古代渡来人の居住地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうりょう【広陵[町]】

奈良県北西部,北葛城郡の町。1955年馬見町,瀬南村,百済村が合体して広陵町となり,56年箸尾町を編入。人口2万9457(1995)。奈良盆地中西部に位置し,盆地底部から馬見丘陵にわたる一帯を占める。馬見丘陵は浸食による小谷が樹枝状に入り,谷を利用した小溜池が無数に分布する。靴下製造業,ふすま地などを生産する織布業,プラスチック産業などの工業が盛んで,とりわけ靴下は全国でも有数の産地であり,施設の近代化も進められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android