コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廉想渉 れんそうしょう

世界大百科事典 第2版の解説

れんそうしょう【廉想渉 (R)Yŏm Sang‐sŏp】

1897‐1963
朝鮮の作家。本名尚燮,号は横歩。ソウル出身。慶応大学中退。《廃墟》の同人として評論により文学活動に入ったが,1921年短編《標本室の雨蛙》で注目される。同年東亜日報》をふりだしに各紙の記者生活をしながら,植民地末期の数年を除き生涯を通じて旺盛な創作活動を見せた。代表作は《万歳前》(1923),《三代》(1931)。前者は三・一独立運動前夜の暗い社会を背景に虚無に陥った青年を日本自然主義の影響色濃い筆緻で描く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廉想渉
れんそうしょう / ヨムサンソプ
(1897―1963)

韓国(大韓民国)の小説家。ソウルの生まれ。1912年渡日して麻布(あざぶ)中学に入学、京都府立中学を経て慶応大学文学部に進んだが、19年、三・一独立運動に参加して投獄される。中退して帰国後『東亜日報』や『東明』(週刊)などの記者生活を送り、一時期満州(中国東北部)にも行く。彼の作家生活は1921年の『標本室の青蛙(あおがえる)』(『開闢(かいびゃく)』掲載)に始まるが、デビュー作であるこの短編は、過渡期における青年の不安と煩悶(はんもん)、焦燥を分析し、自然主義的なタッチでみごとに描いたものとして文学史に鮮明な足跡を残している。解放後も精力的に作品を書き続け、53年のソウル市文化賞をはじめとして、大韓民国文化勲章など、数々の賞を受けた。[梶井 陟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の廉想渉の言及

【朝鮮文学】より

…初期の李光洙にはトルストイ的な理想主義に立った民衆の教化者としての自覚があった。1919年の三・一独立運動の前後に金東仁,朱耀翰らの《創造》(1919年2月~21年5月),金億,廉想渉(れんそうしよう)らの《廃墟》(1920年7月~21年1月),朴鍾和,洪思容らの《白潮》(1922年1月~23年9月)といった文学同人誌が出現し,李光洙流の啓蒙主義に反発して自然主義と浪漫主義の旗印をかかげた。そうしたなかから,理想を追うよりも暗い現実を直視し,その変革を示唆する批判的リアリズムの文学があらわれた。…

※「廉想渉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

廉想渉の関連キーワードヨムサンソプ8月30日朝鮮文学梶井

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android