コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建武の新政 ケンムノシンセイ

大辞林 第三版の解説

けんむのしんせい【建武の新政】

後醍醐天皇が1333年(元弘3)6月、鎌倉幕府を討滅して天皇親政による復古的政権を樹立したこと。記録所や雑訴決断所を設けて一般政務や訴訟問題の処理にあたったが、武士階級の不満を解消できず、二年余りで足利尊氏が叛することとなり、南北朝の内乱となる。建武の中興。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

建武の新政の関連キーワード万里小路藤房雑訴決断所西園寺公宗南北朝時代赤碕[町]後醍醐天皇荻野朝忠北畠親房恒良親王建武中興吉田定房敷山城跡千種忠顕足利直義和田正遠室町時代光厳天皇鎌倉幕府足利尊氏南北朝

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建武の新政の関連情報