建武の新政(読み)ケンムノシンセイ

大辞林 第三版の解説

けんむのしんせい【建武の新政】

後醍醐天皇が1333年(元弘3)6月、鎌倉幕府を討滅して天皇親政による復古的政権を樹立したこと。記録所や雑訴決断所を設けて一般政務や訴訟問題の処理にあたったが、武士階級の不満を解消できず、二年余りで足利尊氏が叛することとなり、南北朝の内乱となる。建武の中興。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建武の新政の関連情報