コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築密度 けんちくみつど

1件 の用語解説(建築密度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんちくみつど【建築密度】

ある一定の土地に対する建築物の量の多少の程度を表す概念。建築面積率建築容積率戸数密度等の指標がある。建築面積率は建ぺい(蔽)率ともいい,建築面積の敷地面積に対する割合をいう。これは,建築物の面積と土地面積を組み合わせた指標の一つで,建築物の密集度を表す。ここで建築面積とは,建築物の外壁,またはこれに代わる柱の,中心線で囲まれた部分の水平投影面積のことである。なお,軒,ひさし,出窓など突出部の出が中心線より1mをこすときは,こえた部分は建築面積に加算される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建築密度の関連キーワード一円知行等価交換方式アンカーボルト建築物建坪建築士法古址杓子当り建ぺい率公法上の規制

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone