建造物損壊罪(読み)ケンゾウブツソンカイザイ

世界大百科事典 第2版の解説

けんぞうぶつそんかいざい【建造物損壊罪】

他人の物の効用を損なういわゆる毀棄罪(ききざい)にあたる行為のうち,文書毀棄罪にあたるものを除き,とくに重要な財産的価値をもつ建造物艦船損壊を,一般の器物損壊罪より重く処罰するもの。器物損壊罪と異なり,親告罪ではない。刑は5年以下の懲役(刑法260条)。建造物,艦船の損壊の結果,人を死傷させたときは,傷害罪の罪に比較して,重い刑で処断する(同条)。建造物とは,家屋その他これに類似する土地に定着した工作物をさす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんぞうぶつそんかいざい【建造物損壊罪】

他人の建造物等を破壊するなど、事実上その使用を不可能とする犯罪。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android