コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弩[中国] いしゆみ[ちゅうごく]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弩[中国]
いしゆみ[ちゅうごく]

古代中国で,ばねを利用して矢や石を射るようにした 64cmぐらいの短い弓。銅製が多く木製もあったらしい。正しくは「ど」と読み,日本では「いしゆみ,おおゆみ」ともいう。また日本では平安・鎌倉時代に,城壁や崖の上などに石を載せた木をゆわえておき,機をみて綱を切って敵の頭上に石を落すようにした仕掛けも石弓と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android