コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弩[西洋] いしゆみ[せいよう]crossbow

翻訳|crossbow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弩[西洋]
いしゆみ[せいよう]
crossbow

棒状の台木の上に直角に小型のを固定した中世ヨーロッパの飛び道具。鉄砲が出現するまで戦場で主役を演じ,15世紀末まで使われた。弓身は木製鉄製。台木の中央に矢の方向を定める溝が縦に刻まれ,引絞った弦を離す引き金装置がついている。木製の弓は手で引き,鉄製では台尻についた小型の手巻きウィンチを使用した。 quarrelと呼ばれる長さ 25cmほどの太い矢が使われた。最大射程は約 300mで,ほとんどの甲冑を貫いた。起源については 10,11世紀にイタリアの都市で生れたと考えられている。現代でもスポーツや狩りに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

弩[西洋]の関連キーワード棒状

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android